マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 区からのお知らせ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 豊島区のPCR検査体制について(7月7日)

ここから本文です。

豊島区のPCR検査体制について(7月7日)

(7月7日追加)区内全ホストクラブを対象に 7月9日からPCR検査開始

(5月12日追加)豊島区内PCR検査体制の強化 1か月あたり1,500件体制へ

(5月8日追加)豊島区歯科医師会の全面協力のもと、PCR検査センターの体制強化

(4月28日追加)本日より新検体採取所運用開始、ならびに5/7より「こころと体の相談電話」開設

新型コロナウイルスの感染拡大により、PCR検査の需要が増大することが予想されることから、豊島区は、豊島区医師会の協力により区独自の検査センターを設け、検査体制を強化する。令和2年4月28日(火曜日)から実施。

区内の「かかりつけ医」が診察し、必要と判断された方について、検査センターの医師が、週2回、1日最大20件程度の検体を採取する。検査を受けた方には、感染防止対策等の自宅待機中の留意点や検査結果が陽性であった場合の今後の流れ(入院又は宿泊療養・自宅療養)について説明を行う。今後、状況をみて検体採取の回数を増やす予定である。

PCR検体採取所詳細

開設日

令和2年4月28日(火曜日)

稼働日

週2日

場所

区施設の敷地内(屋外)にテントを設置。場所の詳細は非公表(国の方針に基づく)。

検査対象

かかりつけ医からPCR検査が必要と診断された方。予約制で実施。

その他の新たな取り組み

帰国者接触者外来を設置する医療機関等への支援

帰国者接触者外来を開設し、PCR検体の採取等を行う区内医療機関を支援するため、陰圧テントを貸与するほか、感染防護に必要な衛生資材を提供する。

自宅療養を行う患者への支援

軽症及び無症状の患者で、事情により自宅療養となる方が増えている。自宅療養者へは、毎日、保健所から連絡を行い、体温等健康状態の把握を行っているが、パルスオキシメーター(血中酸素濃度測定器)を配布し定期的に測定していただくことで、より的確に健康状態を把握し、体調悪化時の早期対応につなげる。

問い合わせ

健康推進課 

PCR検査については

豊島区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-3987-4179

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2020年7月7日