ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > B型・C型肝炎ウイルス検査

ここから本文です。

B型・C型肝炎ウイルス検査

現在、日本ではB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの持続感染の状態(無症候性キャリア)にある人が、それぞれ100万人以上いると推定されています。過去の輸血や血液製剤の投与、ウイルスに汚染された注射器の使用、刺青を入れる、母子感染、性交渉などが考えられますが、はっきりしない場合もあります。

肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査でわかります。早期に発見し、適切な医療を受ければ深刻な症状を防ぐことができます。また、インターフェロンや核酸アナログ製剤による治療、インターフェロンフリー治療への医療費助成もあります。検査で早めに発見し、肝臓の専門医に相談することが大切です。

池袋保健所B型・C型肝炎ウイルス検査

対象者

16歳以上の豊島区民のかた(再検査も可)

検査日程について

  • 検査実施日
    平成30年3月9日、4月13日、5月18日、6月8日、7月13日、8月10日、9月14日、10月12日、11月9日、12月14日
    平成31年1月11日、2月8日、3月8日
  • 受付時間
    午前10時00分から午前10時30分まで
    健康保険証や運転免許証など住所を確認できるものをお持ちください。
  • 会場
    池袋保健所2階(ご来所の際は公共交通機関をご利用ください。身体の障害等により公共交通機関でのご来所が困難なかたは、前日までに当課にご相談ください。)
  • 費用
    無料
  • 結果通知
    検査後1か月程度で、結果を郵送いたします。診断書、証明書の発行はできません。陽性の場合は、医療機関への紹介状を発行します。

検査申込

電話予約または池袋保健所4階窓口でお申し込みください。

  • 予約電話番号:03-3987-4244
  • 予約受付時間:月曜日から金曜日(12月29日から1月3日、土曜・日曜・祝日を除く)
  • 午前8時30分から午後5時

豊島区内の医療機関で実施(豊島区B型・C型肝炎ウイルス検査)

池袋保健所のほか、区内医療機関でも肝炎ウイルス検査を実施しています。

詳細は、下記をご覧ください。

豊島区B型・C型肝炎ウイルス検査

肝炎精密検査費用助成(東京都ウイルス性肝炎重症化予防推進事業)

池袋保健所または豊島区内指定医療機関で肝炎ウイルス検査を受けて結果が陽性であったかた、肝炎ウイルスによる慢性肝疾患療養中で肝炎治療医療費助成を受けていない住民税非課税世帯のかたを対象に、医療機関で精密検査を受けたときの医療費自己負担分を助成しています。

制度の内容および申請方法など詳しくは下記の東京都ホームページをご覧ください。

東京都のウイルス肝炎対策(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2018年10月17日