ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > こころ・精神 > 豊島区の自殺予防対策 > あなたも誰かのゲートキーパーです

ここから本文です。

あなたも誰かのゲートキーパーです

ゲートキーパーとは

ゲートキーパーとは、直訳すると「門番」です。悩んでいる人を「命を断つ行動」に向かわせないために、
悩みを聞き、体調の変化に気づき「生きる道」を案内する役割の人です。

まず気づいてあげることがたいせつです

気になる人がいたら声をかけ、まずは行動を起こしましょう。悩みを抱えている人は、誰にも悩みを打ち明
けられずにいる場合が多いようです。まずは、話すきっかけを作り勇気を持って声をかけて下さい。

悩んでいる人の話に耳を傾けましょう

時間をかけてしっかりと悩みに耳を傾けます。悩んでいる人は、よく話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽
になります。話をしてくれたことに感謝し、今までの辛い思いをしてきたことをねぎらいます。

安心できる情報を伝えます

これからは自分が力になってあげることや、悩んでいる人をサポートできる情報を伝えて安心感を与えます。
専門家や専門機関を紹介し、適切な治療や相談を勧めます。その際、一方的に押しつけるのではなく、相手
のことを第一に丁寧に接します。

あなたのやさしさが大切です

大切な人守るさる

スク評価で、自傷・他害のリスクチェックする
悩みがどのくらい差し迫っているかを判断します。

んだん・評価せずに話を聴きます
話を聞くことは、悩む人への最大の支援になり、悩んでいる人にとっては、話をきちんと
聞いてもらうことが安心につながります。

んしんと情報を与えます

アドバイスの前に安心や情報を与えることが重要です。話を聞いて一緒に考え、適切な
治療により問題解決につながる可能性を伝えます。

ぽーとを得るように伝えます

調子の悪い時は、専門家に相談するように伝えます。一方的に勧めるのではなく、相手の
気持ちを踏まえて、一緒に考えたうえで提案します。

ふへぷを勧めます

辛くなったら相談してなど、辛い時にどう対応すれば良いかを伝えます。また、アルコー
ルをやめる、気持ちを和らげるための方法(ゆっくり深呼吸する。軽い運動をするなど)
等を勧めてみましょう。

知っておいてください自殺予防と危険因子

1うつ病の症状に気をつける

2原因不明の身体の不調が長引く

3酒量が増す

4安全や健康が保てないセーフコミュニティロゴ

5仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う

6職場や家庭でサポートが得られない

7本人にとって価値あるものを失う

8重症の身体の病気にかかる

9自殺を口にする

10自殺未遂におよぶ

ゲートキーパーもリフレッシュしよう

自殺について話を聞くことは、ゲートキーパー自身の不安と向き合うことになります。ま
た、「親身になり、集中して悩んでいる人の話を聞くこと」はとても疲れることです。長
時間の話を聞いたあとでは、ゲートキーパー自身も心の疲れを感じますので、意識して心
と身体を癒すことが大切です。相談終了後には、意識して気持ちをクールダウンをこころ
がけて下さい。温かい飲み物を飲む、身体を動かしたり好きな音楽を聞いたりしてリラッ
クスしたり、安心できる人とおしゃべりをすることも大切です。自分が心地よく感じられ
ることが心を癒し、気分を切り替えることにつながります。また、対応に困ったら、でき
るだけ一人で抱え込まないで、専門相談機関や相談員等の周囲の人に積極的に相談するよ
うにしましょう。

ゲートキーパー養成講座の申込み

地域で身近な人の自殺の危険を示すサインに気づき、必要に応じて専門の相談につないで
くださる「ゲートキーパー」を養成する講座を行っています。ただし、政治・宗教・営利
活動のための集会には参加できません。池袋保健所健康推進課へ電話ください。
電話番号3987-4231

としま出前講座

 

お問い合わせ

更新日:2015年3月9日