ホーム > 子育て・教育 > 子ども・若者 > 子どもの遊び場(プレーパーク事業)

ここから本文です。

子どもの遊び場(プレーパーク事業)

子どもは、遊びの中で様々な体験をし、その体験を通して自由な発想を育み、また周りとのコミュニケーションを学びます。
豊島区では、遊びを通して子どもが自らの可能性を広げ、自分らしく成長してほしいという願いを込め子どもの遊び場作りに取り組んでいます。区内では池袋本町公園に常設のプレーパークがありますが、他の公共施設等でもプレーパーク事業を実施し、区内各地に子どもの遊びの場を広げています。

池袋本町プレーパークについて(豊島区公式ホームページ)

プレーパーク事業の様子

出張プレーパーク

豊島区の公園、保育園、子どもスキップ、区民ひろばなどで開催しています。ダンボール遊び、木工遊びなど、子どもが自分のやりたいことで遊びます。出張プレーパークは、子どもの遊びの機会となるだけでなく、子どもと地域の大人の交流の場にもなっています。

南長崎はらっぱ公園でのロープ遊びの様子

目白第一保育園でのダンボール遊びの様子

旧高田小学校校庭での木工遊びの様子

南長崎はらっぱ公園での
ロープ遊びの様子
(運営:豊島子どもWAKUWAKUネットワーク)

目白第一保育園での
ダンボール遊びの様子
(運営:豊島子どもWAKUWAKUネットワーク)

旧高田小学校校庭での
木工遊びの様子
(運営:豊島子どもWAKUWAKUネットワーク)

 

としまセンタースクエアでの「大きなものをつくってあそぼう」の様子

としまセンタースクエアでの
「大きなものをつくってあそぼう」
の様子(運営:こどもDIY部)

TOBU de あそびシリーズ

平成29年8月に東武百貨店池袋本店と豊島区が締結した「FFパートナーシップ協定」に基づき開始しました。
「都会の子どもの遊びと学びを楽しくする」をコンセプトに、東武百貨店の催事に合わせ様々なイベントを開催しています。区内外から家族連れの方々がお越しになり、子どももその家族も楽しんでいます。

夏休みい開催した「スタンプでこどものまちをつくろう」の様子

「おはなでいっぱいのまちをつくろう」(運営:アートスクールジョエル)の様子

「スタンプでこどものまちをつくろう」
の様子(運営:こどもDIY部)

「おはなでいっぱいのまちをつくろう」
の様子(運営:アートスクールジョエル)


FFパートナーシップ協定事業について(としまscope)(新しいウィンドウで開きます)

開催予定

現在開催予定のイベントは以下のとおりです。それぞれのイベントの詳細については各リンク先をご覧ください。以下に記載がない場合、近日中の開催予定はありません。

開催実績

開催したイベントについては以下に随時更新します。それぞれのイベントの詳細については各リンク先をご覧ください。
3月24日(土曜日)・25日(日曜日)TOBU de あそびシリーズ「ちびっこタウンをつくってあそぼう」

更新日:2018年4月16日