ホーム > 子ども若者支援事業講演会

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

子ども若者支援事業講演会

子ども・若者のSOSを見逃さない!

子どもの声が聞こえますか

子ども・若者を取り巻く諸問題を掘り下げ、子どもや若者の声に耳を傾け、どうすれば生きづらさや悩みを共感できるかを一緒に考えましょう。

場所自由学園 明日館

自由学園 明日館講堂(豊島区FFパートナーシップ協定)

1921年、羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎として、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設され、1997年、国の重要文化財指定を受けました。文化財を使いながら保存する「動態保存」のモデルとして運営し、建物の見学のほか、結婚式、セミナー、懇親会、コンサート、公開講座など多目的に使用されています。

豊島区と明日館・婦人の友社・東京第一友の会とのFFパートナーシップ協定に基づき、中高生センタージャンプを利用する中高生と友の会会員とで「クッキング講座」や「くらし発見ひろば」への協力などの事業を行ってきました。

講演会当日は、友の会会員と中高生センタージャンプを利用している中高生で作ったクッキーを配布するとともに、パネル展示も行います。

実施日

2019年3月10日(日曜日)

実施時間

午後0時30分(開館)

先着250人の方に、お茶と東京第一友の会と中高生が作ったクッキーでおもてなしをいたします。

午後1時30分(講演開始)

午後3時(終了予定)

 交通アクセス

池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分

JR:山手線・埼京線・湘南新宿ライン

東京メトロ:丸ノ内線・有楽町線・副都心線

東武鉄道:東上本線

西武鉄道:池袋線

目白駅より徒歩7分

JR:山手線

駐車場はありません。近隣コインパーキングをご利用ください。

内容

子ども・若者を取り巻く諸問題を掘り下げます。そして子どもや若者の声に耳を傾け、どうすれば生きづらさや悩みを共感できるかを考えます。 

講師は大阪府子ども家庭サポーターとして現場のさまざまなケースに関わってきた辻由起子先生をお招きし、「子どもの心の声を聴く」ポイントをお聞きします。

先生の実体験に基づいた内容になっています。

是非おいでください。

 講師辻由起子先生

 辻 由起子 先生

【経歴】

18歳で結婚、19歳で娘を出産、23歳でシングルマザーに。

仕事、育児、家事をこなしながら、通信教育で大学を2回卒業。

娘は重度の喘息持ちで中学校は不登校の経験を持つ。

リスクだらけの子育て経験と、小・中学校の相談員の経験から、全ての人が

子育てを楽しめる社会を目指して活動中。

社会福祉士・幼稚園教諭第一種・保育士・ヘルパー2級・難病ヘルパーなどの

資格を持つ。

対象

どなたでも(子ども・若者施策に興味のある方、ぜひご参加ください)

手話通訳付きです。

定員 明日館講堂

 

270名

豊島区と明日館・婦人の友社・東京第一友の会とのFFパートナーシップ協定に基づき、中高生センタージャンプを利用する中高生と友の会会員とで「クッキング講座」や「くらし発見ひろば」への協力などの事業を行ってきました。

 

講演会当日は、友の会会員と中高生で作ったクッキーを配布するとともに、これまでの活動内容をまとめたパネル展示も行います。

主催・共催

豊島区×自由学園明日館・東京第一友の会(FFパートナーシップ協定)

費用はかかりません。ぜひおいでください。

 


更新日:2019年2月15日