ホーム > 子育て・教育 > 保育 > 保育園の入園に関すること > 入園手続 > 障害のあるお子さん、通院中のお子さんの保育について

ここから本文です。

障害のあるお子さん、通院中のお子さんの保育について

認可保育施設の利用について

豊島区の認可保育施設では、原則として各園2名の定員で心身に障害等があるお子さんの保育を行っています。
保護者の就労等により保育が必要な状況であり、かつ集団生活が可能なお子さんを受け入れています。
欠員があっても認可保育施設の受入体制が整わず入園をお受けできない場合があります。

利用までの流れ

1.一般選考と同様の申し込み・選考となります。(注釈1)
2.集団生活が可能かどうか、保育園の受け入れ体制が整うかどうか、また受入れの際に配慮すべき事項などに
 ついて、医師等の意見を聞く審査会を行います。(注釈2)
3.一般選考と同様、面接と健康診断を行います。(注釈3)

(注釈1)医師の意見書、心身状況表の提出が必要です。
(注釈2)障害でなくても、通院治療中の場合も該当します。お子さんの発達や健康状態に心配があるかたは、
      事前に保育課入園グループにご相談ください。
(注釈3)保育時間については、お子さんの健康状態、保育園の保育体制によって決めさせていただくことも
      あります。

居宅訪問型保育事業の利用について

利用までの流れ

1.事業者へ受け入れ可能かをご相談ください。
2.利用開始の目途がつきましたら、豊島区保育課民間保育運営グループへ連絡をお願いします。
3.豊島区より事業者へ連絡し、利用開始時期を確定します。
4.事業者及び豊島区職員が、居宅訪問を行うところを確認します。訪問する日時は事業者からご連絡します。
5.利用開始月前月の申込み締切日までに、入園申し込みをお願いします。
6.内定連絡日に事業者から連絡します。
7.豊島区より保育料決定通知書を送付します。

事業者

障害児訪問保育アニー

関連情報

入園手続
保育料

お問い合わせ

更新日:2017年11月13日