ここから本文です。

児童育成手当

児童育成手当には、「育成手当」と「障害手当」があります。

手当月額

  • 育成手当は、児童1人につき、13,500円
  • 障害手当は、児童1人につき、15,500円

【注意】支給要件に該当していれば、育成手当と障害手当を両方受給できます。

対象

育成手当

次のいずれかの状態にある、18歳に到達後最初の3月31日までの児童を養育しているかた。

  • 父母が離婚
  • 父または母が死亡
  • 父または母が生死不明
  • 父または母に1年以上遺棄されている
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けている
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている
  • 婚姻によらないで出生(事実上の婚姻関係にある場合を除く)
  • 父または母に重度の障害がある(身障手帳1~2級程度または重度の精神障害)

下記の場合は支給されません。

  • 所得が一定額以上の場合(「所得制限額表」をご確認ください。)
  • 児童が児童福祉施設に入所している場合
  • 児童が里親等に委託されている場合

児童育成手当所得制限額表

障害手当

次のいずれかの状態にある、20歳未満の児童を養育しているかた。

  • 愛の手帳1度から3度程度の障害のある児童
  • 身体障害者手帳1級から2級程度の障害のある児童
  • 脳性まひまたは進行性筋萎縮症の障害のある児童

下記の場合は支給されません。

  • 所得が一定額以上の場合(「所得制限額表」をご確認ください。)
  • 児童が児童福祉施設に入所している場合
  • 児童が里親等に委託されている場合

所得制限額表

申請の方法

子育て支援課児童給付グループ(区役所本庁舎4階)の窓口で申請してください。郵送での申請はできません。

手当の支給は原則として申請をした月の翌月分からとなります。ただし、月末の出生、転入などのやむを得ない理由により申請が翌月になった場合は、以下のような特例があります。

  • 出生:出生日の翌日から15日以内に申請をした場合は、出生日の翌月分から支給されます。
  • 転入:前住所地の転出予定日の翌日から15日以内に申請をした場合は、転出予定日の翌月分から支給されます。
  • その他(災害等):災害等がやんだ日の翌日から15日以内に申請した場合は、事由発生日の日の翌月分から支給されます。詳しくは、お問い合わせください。

(注釈)15日目が土曜日・日曜日・祝日の場合は、直後の開庁日を15日目とします。

【注意】子育て支援課の窓口受付時間は、月曜日から金曜日の8時30分から17時です。

土曜日・日曜日・祝日は受付しておりませんのでご了承ください。

申請手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. 戸籍謄本(請求者および児童のもの)障害手当の場合は不要
  3. 平成28年1月2日以降に豊島区に転入されたかたは、平成28年度課税・非課税証明書(所得証明書)
    • 所得金額、扶養人数、控除内容が記載されているもの
    • 平成28年1月1日に住民記録のあった区市町村でお取りください。
    • 「源泉徴収票」「確定申告書」「特別徴収税額決定通知書」「普通徴収納税通知書」では、お取り扱いできません。
  4. 振込口座の確認できるもの(請求者名義のもの)
    • ネット銀行等、一部取り扱いできない銀行があります。
    • ご不明の場合は、お問い合わせください。
  5. 父または母の障害を事由として申請をする場合は、父または母の身体障害者手帳または所定の診断書
  6. 児童の障害を事由として申請する場合は、児童の愛の手帳・身体障害者手帳または所定の診断書

【注釈1】請求者の状況により、別途書類を提出していただく場合があります。

【注釈2】各書類は3ヶ月以内に発行されたものを提出してください。(戸籍謄本については1ヶ月以内)。

【注釈3】上記以外に来庁者及び請求者の本人確認書類が必要です。

書類例

1.マイナンバーカード(写真付)

2.マイナンバー通知カード+運転免許証・パスポート・在留カード等

  • 1.2のいずれか一方

手当の支払い方法

児童育成手当は、下記支払い月の12日頃に口座に振り込まれます。

6月(2月分から5月分)、10月(6月分から9月分)、2月(10月分から1月分)

平成25年6月振込から支払通知書を発行いたしませんので、支払金額につきましては通帳を記入のうえご確認ください。

更新日:2016年5月1日