ここから本文です。

大きくなったね会

12月2日土曜日に「大きくなったね会」を行いました。

3歳児・4歳児・5歳児の幼児クラスの子どもたちが日ごろ遊んで楽しんでいるあそびを

保護者の方々にご覧いただきました。

わかくさ

 3歳児わかくさ組は大好きなパン屋さんの絵本のお話を

劇ごっこにしました。

たくさんの保護者の皆さんの前で驚いて緊張する中、

セリフを言おうと頑張っている姿やパンづくりで

ピンポンパン体操を元気にする姿が可愛く、

ほっこり笑顔になる初舞台でした。

 

のはら

 

4歳児のはら組は散歩で見つけた棒を「棒の神様」と名付け

棒を道しるべにして冒険するお話です。

お話の中には子どもたちのアイディアがいっぱいつまっていて

子どもの想像力の豊かさに驚かされました。

 

 

岩登り

 

 

5歳児やま組は一人前の忍者になるため修行するという

 

お話でした。1人ひとりのこどもたちが、さまざまなことに

挑戦したい気持ちが湧き出て、「失敗は成功のはじまり」

「できるようになりたい」「ドキドキするけど見てもらいたい」

と大きく成長しました。

写真は「岩登り修行」・・・10段の巧技台を駆け上りました。

竹馬「竹馬修行」・・・毎朝自主練を欠かしませんでした。

フラフープ「風神修行」・・・なんと!3本のフラフープを回します。

縄跳び

 

「大縄修行」・・・全員が跳べました!

緊張でひっかかる友だちに「大丈夫。落ち着いて」と

アイコンタクトをとって励ます子どもの姿に感動です。

遊びを通して、心も身体も成長してきたやま組の子どもたちに

会場中大きな拍手が鳴り響きました。

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年12月5日