ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 保育園 > 地域型保育事業

ここから本文です。

地域型保育事業

地域型保育事業の特徴と種類

子ども・子育て支援新制度では、地域における多様な保育ニーズにきめ細かく対応する質が確保された保育を提供し、子どもの成長を支援するために、認可保育所(原則20名以上)より少人数の単位で、0歳から2歳児までの子どもを預かる事業です。

新制度では、豊島区が人員配置基準や面積基準などの設備・運営の基準を条例で定め、認可事業となります。

事業

小規模保育事業

家庭的保育事業

事業所内保育事業

居宅訪問型保育事業

A

B

C

形態

比較的小規模で家庭的保育事業に近い雰囲気の下、

きめ細やかな保育を実施

家庭的な雰囲気の下で少人数を対象にきめ細やかな保育を実施

会社の事業所の保育施設などで、従業員の子どもと地域の子どもを一緒にした保育を実施

住み慣れた居宅において、1対1を基本とするきめ細やかな保育を実施

定員

6人~19人

6人~10人

3人

(家庭的補助者がいる場合は子ども5人まで)

数人~数十人

1対1が基本

場所

ビルの一室など、

多様なスペース

家庭的保育者の居宅など

事業所等様々なスペース

利用する保護者、

子どもの居宅

施設基準

保育室

0・1歳児:
乳児室又はほふく室

2歳以上児:
保育室又は遊戯室

専用の保育室

定員20名以上:
保育所と同様

定員19名以下:
小規模保育(A型・B型)と同様

-

屋外遊技施設

屋外遊技場

(付近の代替地可)

同一敷地内に遊戯等に適当な広さの庭
(付近の代替地可)

屋外遊技場

(付近の代替地可)

-

給食

(注釈)

自園調理

連携園からの給食搬入

自園調理

-

職員数

0歳児

3対1

3対1

(5対2)

定員20名以上:
保育所と同様

定員19名以下:
小規模保育(A型・B型)と同様

1対1

1・2歳児

6対1

基準に+1人以上を加えた数とする

資格

保育士

2分1以上が保育士

家庭的保育者

家庭的保育者(+家庭的保育補助者)

定員20名以上:
保育士

定員19名以下:
小規模保育(A型・B型)と同様

家庭的保育者

(注釈)給食の提供は、条件が整い次第開始しております。平成31年度までに全園給食提供できるようにします。

地域型保育事業の良さ

  1. 家庭環境に近い環境の中で、愛着関係を大事にする保育
  2. 小集団を対象とする、きめ細やかな保育
  3. 基本的に同じ保育者が対応
  4. 子どもの生活リズムの尊重
  5. 家庭生活リズムから、集団保育に移行する間のきょうだい体験
  6. 保護者への緊密な子育て支援
  7. 地域型保育は地域全体が保育室であり、様々な地域資源を活用
    ・地域の保育資源である、連携施設(区立認可保育所・私立認可保育所)を設定することで、
     保育の後方支援や合同保育、代替保育等の支援を受けることができる

 低年齢(0歳から2歳)は、個々の成長に合わせて生活することがとても大切です。
 平成27年及び平成28年の4月時点で、認可保育所を希望する2歳児クラスの子どもは、全員転園できました。

保護者の声(平成27年度保護者アンケートより)

  • 小規模なので、最初は不安もありましたが(庭がない等)、アットホームでとても良かったと思って
    います。子どもも楽しそうに保育園へ通ってくれています。
  • 上の子の時は公立保育園だったので、小規模保育園に通ってみて、その柔軟さや小さい保育園なりの
    良さがありました。
  • 家庭的な雰囲気で温かく見守ってくださり感謝しています。小さいうちは良いと思います。
  • 小規模保育園ということで、0、1、2歳の年齢の異なるお友達とどのように仲良くできるか
    子どもなりに考えて、成長出来ました。
  • 施設は一般の住宅なので、これ以上ということは難しいと思います。限られたスペースで上手に回して
    いて凄いなと感心しています。先生と子どもと保護者が密接していて安心感があります。

 保育所と同様、保護者向けアケートを実施し、保育力の向上に努めています。

保育所との共通点・相違点

項目

区立認可保育所

私立認可保育所

地域型保育事業

定員

20名以上

19名以下

歳児

0歳児~5歳児

0歳児~2歳児(満3歳の年度末3月31日まで通園可能)

3歳児以降の転園先については、平成31年度までに確保します。

保育

時間

11時間

延長保育1時間

9時間30分~11時間

延長保育1時間の小規模保育事業もあります。

園庭

敷地内の園庭

公園等

公園

連携施設の園庭で一緒に遊ぶことがあります。

連携

保育

転園に向け、認可保育所にて合同保育を行ったり、イベント参加等したり

しています。

子育てひろば、児童館、図書館等出かけ、遊ぶことができます。

 

旧制度からの変更点

項目

平成26年3月まで

平成27年4月以降

支給

認定証

なし

申請後、発行

入園申請条件

区立・私立認可保育所の入所申請をして

待機児になった人

区立・私立認可保育所と同列に入所申請できる

保育料

事業ごとに金額を設定

全ての事業が住民税に基づく料金体系を設定
(区立・私立認可保育所と同様)

支給認定証に基づき、保育標準時間、保育短時間の

2本の料金体系を用意

保育時間

事業ごとに保育時間を設定

事業ごとに保育標準時間(最長11時間)

保育短時間(最長8時間)を設定

利用手続きの流れ

子ども・子育て支援新制度について

施設情報

地域型保育事業施設一覧

お問い合わせ

更新日:2016年10月7日