ここから本文です。

都市再生整備計画(池袋地区)

都市再生整備計画の概要

池袋地区において、都市再生整備計画を作成し、社会資本整備統合交付金を活用して、整備を行います。計画の概要は以下のとおりです。

地区名

池袋地区

区域面積

128ヘクタール

計画期間

平成30年度から平成32年度

目標

池袋を世界中から人を惹きつける国際アート・カルチャー都市のメインステージにする

指標

  • 池袋地区における主要な文化芸術拠点(芸術劇場、新ホール、新区民センター)の利用人数
  • 主要な道路(グリーン大通り、南北区道)、公園(池袋西口公園、中池袋公園、南池袋公園、造幣局跡地防災公園)の年間イベント日数の合計
  • アンケートにより「池袋周辺で新宿、渋谷などにない魅力あるまちづくりが進んでいる」と考える区民の割合

整備方針

  • 整備方針1【賑わいを生む交流拠点の強化】
    • 東京芸術劇場と連携した野外劇場機能を持つ公園やHareza池袋の8つの劇場と連携した公園の整備を行う。併せてHareza池袋の中核を担う、新ホールと新区民センターを整備することで、駅から街中に人が出ていく賑わいを生む交流拠点機能の強化を図る。
  • 整備方針2【文化・芸術等の発信による、まちの魅力向上】
    • 都市軸であるグリーン大通りの植栽を改良し、道路空間を活用しやすくする。また、周辺公園や周辺施設と連携した文化・芸術等の発信により、まちの魅力を向上する。
  • 整備方針3【道路や公園等の公共空間を活用による文化・芸術等の発信・交流機能の強化】
    • 池袋地区における東京芸術劇場やHareza池袋などの施設・道路・公園・広場等を活用した文化・芸術等の発信・交流機能の強化を行う。

事業内容

【基幹事業】

  • 地域生活基盤施設
    • 池袋西口公園
    • 新区民センター
  • 高質空間形成施設
    • 中池袋公園
    • グリーン大通り

【提案事業】

  • Hareza池袋オープニングイベント
  • まちなか伝統芸能

都市再生整備計画【池袋地区】(第1回変更)(PDF:1,597KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年5月17日