ここから本文です。

豊島区景観形成ガイドライン建築物編

「豊島区景観計画」の建築物・工作物に対する景観形成基準をポイントと取組みイメージなどで解説しています。

建築物・工作物の計画・設計にあたって活用してください。

豊島区景観形成ガイドライン建築物編の冊子

都市計画課の窓口、行政情報コーナーで閲覧できます。

豊島区景観形成ガイドライン建築物編(平成29年3月策定)

表紙・目次(PDF:255KB)

第1章:はじめに(PDF:1,775KB)

1.豊島区景観形成ガイドラインの役割

2.景観まちづくりの進め方
(1)景観形成に取り組むにあたって
(2)景観計画区域の区分
3.景観形成基準の適用
4.景観まちづくりの目標
5.池袋副都心の景観まちづくりの目標
6.地域別景観まちづくりの視点

第2章:景観形成基準

1.建築物の基準(PDF:20KB)

(1)市街地の区分に応じた景観形成基準
・低層住居系市街地(PDF:797KB)
・住居系市街地(PDF:722KB)
・複合市街地(PDF:858KB)
・商業・業務系市街地(PDF:1,722KB)

(2)景観形成特別地区の景観形成基準
・神田川沿川景観形成特別地区(PDF:1,198KB)
・六義園周辺景観形成特別地区(PDF:908KB)
・池袋駅東口駅前広場・グリーン大通り沿道景観形成特別地区(PDF:1,255KB)
2.工作物の基準(PDF:560KB)
3.開発行為の基準(PDF:190KB)
4.色彩の基準
(1)マンセル表色系と色彩基準の考え方(PDF:803KB)

(2)色彩景観に関する配慮事項
(3)一般地域の色彩基準(PDF:391KB)
(4)景観形成特別地区の色彩基準
・神田川沿川景観形成特別地区(PDF:339KB)
・六義園周辺景観形成特別地区(PDF:320KB)
・池袋駅東口駅前広場・グリーン大通り沿道景観形成特別地区(PDF:357KB)

豊島区景観形成ガイドライン建築物編 雑司が谷地域景観形成特別地区追録編(令和元年8月策定)

 平成30年6月に雑司が谷地域景観形成特別地区を指定したことに伴い、雑司が谷地域に係る景観形成ガイドライン(建築物編)を策定し、既存ガイドラインに追加します。

豊島区景観形成ガイドライン建築物編 雑司が谷地域景観形成特別地区追録編(令和元年8月策定)

表紙・目次(PDF:346KB)

第2章 景観形成基準

1.建築物の基準

(2)景観形成特別地区の景観形成基準(PDF:665KB)

A.鬼子母神堂周辺・大門ケヤキ並木道沿道(PDF:1,127KB)

B.雑司が谷地域住宅地エリア(PDF:1,091KB)

C.環状5の1・補助81号線沿道エリア(PDF:1,046KB)

D.幹線道路・東通り沿道エリア(PDF:1,335KB)

2.工作物の基準(PDF:961KB)

3.開発行為の基準(PDF:283KB)

4.色彩の基準

(4)景観形成特別地区の色彩基準(PDF:842KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2020年1月16日