ホーム > まちづくり・環境・産業 > 都市計画・まちづくり > お知らせ > 第2回「地方公共団体における統計利活用表彰」で豊島区の取組が統計局長賞を受賞しました

ここから本文です。

第2回「地方公共団体における統計利活用表彰」で豊島区の取組が統計局長賞を受賞しました

豊島区では、全庁的に運用する統合型GISをはじめ、各業務においては汎用型GISを活用し、業務の効率化に繋げてきました。都市計画、建築、道路などに関する総合窓口である「街づくり情報コーナー」では、来庁者の統計データの活用により課題を見つけ、職員の手で道路台帳現況平面図を業務アプリケーションとして公開しました。また街路灯という各自治体が抱えている道路ストックの点検手法にITを取り入れ、点検結果の統計分析により大幅な経費削減と工期の短縮に繋げました。

この度、こうした先進的な取組が評価され、総務省が昨年度に創設した「地方公共団体における統計利活用表彰」(以下「利活用表彰」という。)におきまして、統計局長賞を受賞しましたので、下記のとおりお知らせします。

利活用表彰の概要

  • 地方公共団体における統計データの利活用を推進することを目的として、総務省が昨年度創設し、公的統計データを利活用した行政サービスの改善や行政施策の立案等、統計を利活用した優れた取り組みを進める自治体に対する表彰を行うものです。
  • 賞は上位から総務大臣賞、統計局長賞、特別賞の3種です。
  • 本年11月13日月曜日に開催された第67回全国統計大会において、総務大臣賞及び統計局長賞の受賞者がプレゼンテーションを行いました。

豊島区の取組概要「GISポータル構築による業務改善」

事例1

「街づくり情報コーナー」の平成28年度の来庁者の統計データと政府統計データを用いて課題を抽出し、道路台帳現況平面図を委託等の費用をかけることなく使用者の立場で構築し、Webマップアプリとして公開しました。その結果、大量閲覧防止と住民サービス向上を実現しました。下図は豊島区のホームページにリンクされGISのクラウドサービスで配信されています。

291116picture1

事例2

クラウドサービスとモバイル端末・GPSを活用した街路灯点検の業務モデルを構築し、経費削減と工期の短縮を実現、GISの統計分析ツールを用いて補修法や修繕計画の優先順位を決定することで、さらに業務効率化に繋げています。

291116picture2

全国統計大会の様子

291116picture3

お問い合わせ

更新日:2017年12月7日