マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > まちづくり・環境・産業 > 都市計画・まちづくり > お知らせ(都市計画・まちづくり) > 【グリーン大通り】国家戦略道路占用事業の区域計画変更について(令和元年9月30日付)

ここから本文です。

【グリーン大通り】国家戦略道路占用事業の区域計画変更について(令和元年9月30日付)

池袋駅東口グリーン大通りでは、平成28年4月より沿道企業および地域の方々からなる「グリーン大通りエリアマネジメント協議会」が国家戦略道路占用事業(エリアマネジメントに係る特例)の計画認定を受けたことで、歩道上におけるオープンカフェやマルシェ等のイベント実施が可能となりました。

また平成29年度からは、隣接する南池袋公園を一体的に活用し、地域の新たな魅力の発信、来街者の回遊性の向上を目指してきました。

今後は同事業の計画を変更し、常設の施設(食事・購買施設)を設置することで、イベント時に限定されない日常的な賑わいを創出いたします。また、通りと公園を結ぶ道路(西側歩道のみ)を新たに適用区域とし、「つなぎの空間」として活用することで、このエリア全体の回遊性を促進いたします。

計画の変更点

<これまでの認定状況>

オープンカフェ、マルシェ等のイベント実施に必要な占用物件の緩和(国家戦略特別区域法施行令第24条5号)

<変更(追加)点>

1.規制緩和メニューの追加(国家戦略特別区域法施行令第24条2号・3号)

「食事、購買施設等」の常設

ストリートファニチャーおよびエリアマップ等の常設

2.適用区域の拡大

グリーン大通りと南池袋公園を結ぶ道路(西側歩道のみ)を適用区域として拡大

参考資料

第27回東京圏国家戦略特別区域会議提出資料(PDF:505KB)

池袋駅東口グリーン大通りでの取組み概要(PDF:650KB)

グリーン大通り再生ビジョンおよび実現戦略(PDF:278KB)

お問い合わせ

更新日:2019年10月7日