ここから本文です。

長崎4・5・6丁目地区震災復興まちづくり訓練(平成28年度実施)

平成28年度は長崎4・5・6丁目を対象とした震災復興まちづくり訓練を実施します。

震災が起きた後の地域に即した地域復興を考えてみませんか。

途中からの参加も可能です。

訓練内容

これまでの防災訓練や避難訓練とは違います。大地震を想定し、「自分たちのまちで被害が生じたら、復興をどのように進めるか」ということについて、地域の方と専門家、行政がともに考えていきます。ガイダンスを皮切りに、ゲーム形式で模擬体験をしながら検討する全5回のプログラムとなっています。開催概要については、下記の一覧をご覧ください。

 ガイダンス

【今年度の様子1】ガイダンス風景 

阪神・淡路大震災のあと震災復興に従事された、元御蔵通り町づくり協議会会長 田中保三さんの講演

震災時からその後の地域復興までの貴重な経験談を訓練参加者全員で聞き、震災後の復興まちづくりの重要性を理解することができました。

 

 

 

まちあるき

 

【今年度の様子2】まち歩き

実際に長崎4、5、6丁目をグループにわかれて歩きます。

防火水槽はどこにあるか、仮設住宅を設置できそうなところはあるか、避難する際に障害になりそうな場所はないか等を点検しながらまちを歩きます。

被災時のまちを想定し、自分たちのまちを点検することでいつもは気づかない新しい発見も多くありました。

 

 

発表

 

【今年度の様子3】発表

まち歩き後グループで情報を整理し、まち歩きの点検結果を報告します。

 

グループディスカッションでは参加者全員が地域に即した震災復興への活発な意見交換がなされました。

 

 

開催概要

主な内容

ガイダンス

平成28年5月10日(火曜日)※終了しました。

午後7時から午後9時まで

ガイダンス・基調講演

第1回

平成28年6月11日(土曜日)※終了しました。

午前9時30分から午後0時30分まで

まちを歩いて被害をイメージする

第2回

平成28年8月27日(土曜日)※終了しました。

午前9時30分から午後0時30分まで

被災後の住まいや生活を確保する

第3回

平成28年10月29日(土曜日)※終了しました。

午前9時30分から午後0時30分まで

復興まちづくり方針案を検討する

訓練報告会

平成28年11月19日(土曜日)※終了しました。

午前9時30分から午後0時30分まで

地域への報告会

訓練通信

今後、訓練の様子を「かわら版」として紹介していきます。

・かわら版創刊号(PDF:707KB)

・かわら版第2号(PDF:1,069KB)

・かわら版第3号(PDF:507KB)

・かわら版第4号(PDF:601KB)

・かわら版最終号(PDF:877KB)

会場

訓練の途中で会場が変わりますので、ご確認のうえ、ご参加ください。

対象

区内在住、在勤、在学の方

費用

無料

申込方法

はがき、FAX、メールに必要事項を記入のうえ、下記お問い合わせ先までお申し込みください。

※平成28年度申込みは終了しました。

必要事項

  1. 氏名(ふりがな)
  2. ご住所
  3. 電話番号(日中にご連絡できる番号)・FAX番号
  4. メールアドレス(今後の連絡方法としてメールを希望される方)

過去の訓練

これまで区内4地区で実施しております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2017年2月17日