ここから本文です。

住宅修繕・リフォーム資金助成事業

豊島区内の住宅の修繕工事及びリフォーム工事について、助成金を交付します。

助成対象住宅

助成の対象となる住宅は、個人住宅及び賃貸住宅です。また、居住の用に供する部分、家屋及び付属設備が対象で、倉庫、車庫、店舗、外構等は除きます。

助成対象修繕工事及びリフォーム工事

助成対象となる修繕工事及びリフォーム工事は、次に掲げるものを除きます。

  1. 建築確認申請が必要であるもの
  2. 修繕工事の結果、建築基準法違反になる可能性があるもの
  3. 他の住宅改修等に関する助成制度等の対象となるもの
  4. 助成承認前に着手したもの
  5. 住宅の修繕工事及びリフォーム工事を伴わない、簡易な器具設置のみのもの
  6. 住宅の所有権の共有者及び賃借人との同意が見込めないもの

施工業者は、豊島区住宅相談連絡会の会員であり、修繕工事を行う区内に主たる事務所を有する民間業者とします。

助成対象者

次に掲げる要件を全て満たしているかた

  1. 豊島区内に引き続き2年以上居住していること
  2. 前年の世帯の月額所得が、公営住宅法施行令第1条第3号に規定する収入の例により算出した額が、158,000円(条件により214,000円)以下であること
  3. 対象住宅の所有権を有している者又は同居親族であること
  4. 住民税を滞納していない世帯であること
  5. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員でないこと

前年の世帯の所得が214,000円で良いかた(PDF:103KB)

前年の世帯の所得が214,000円で良いかたを表であらわしたものです。

助成金の交付額等

助成対象工事に要した経費(消費税を除く)の30%以内で、修繕工事は、10万円が限度で、リフォーム工事は、20万円が限度です。

交付請求の受付順で、予算の範囲を超えた場合は終了となります。

手続きの流れ

1. 事前相談
住宅相談連絡会(電話番号0120-309-379)にご相談ください。

手続きのながれ(PDF:59KB)

住宅修繕資金助成事業の手続きのながれを図であらわしたものです。

申請書等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日