ここから本文です。

木造住宅の耐震改修補助事業

豊島区内の木造住宅の耐震改修について、助成金を交付します。

助成対象建築物

  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたもの
  2. 現状の耐震診断の結果が上部構造評点1.0未満で、補強設計に基づく耐震改修工事により、耐震診断の結果が上部構造評点1.0以上となるもの
  3. 階数が2以下の木造住宅(専用住宅部分が1/2以上)であること
  4. 建築基準法第43条に抵触しない敷地で、接する道路が幅員12メートル以下のものであること
  5. 建築物(塀等を含む)が、建築基準法の道路に突出していないもの
  6. 防火構造であるもの、又は耐震改修工事により同構造となるもの
  7. その他建築基準法上重大な疑義のないもの

助成対象者

  1. 助成対象建築物の所有者かつ居住者
  2. 世帯のかたが住民税を滞納していないこと

助成金の交付額等

助成対象経費の3分の2(100万円が限度)

更に、工事施工者が区内事業者の場合
助成対象経費の6分の1(50万円が限度)を上乗せで助成します。

  • 助成金の申請は耐震改修工事着手前、工事完了は年度内のものが対象となりますので、ご注意ください。
  • 耐震診断技術者は東京都木造住宅耐震診断登録事務所制度に基づき登録されたかたとします。耐震診断事務所の登録者名簿は下記のリンクから東京都ホームページでご覧いただけます。

東京都耐震ポータルサイト(木造住宅の耐震診断事務所の登録・公表)(外部サイトへリンク)(新しいウィンドウで開きます)

関連情報

お問い合わせ

更新日:2016年8月29日