ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 建築関係の事業者の方へ > 助成事業・補助事業 > 【新規制度】令和元年度末までの特別措置既設塀等改善工事助成事業

ここから本文です。

【新規制度】令和元年度末(2020年3月31日)までの特別措置既設塀等改善工事助成事業

 豊島区内の道路等に面する危険な既設塀等(擁壁を含む)の改善工事費用の一部を助成します。

 要綱(PDF:197KB)

助成対象

     

    (1)既設塀等は、コンクリートブロック造、石造、レンガ造その他これらに類する構造。

    (2)既設塀等は、道路又は地表面から対象物の上端部までの垂直距離が1.2m超である。ただし、特に改善の必要があると区長が認めるものについては、この限りでない。

    (3)既設塀等は、道路に面している、又は一般の交通の用に供している通路に面している。

    (4)国土交通省において作成した別紙1のチェックポイントに一以上の不適合がある。 ※1

    (5)既設塀等の部分除却については、道路又は地表面から対象物の上端部までの垂直距離を1.2m以下とする。ただし、既設の擁壁の高さが1.2mを超え、かつ、擁壁の除却が困難な場合は、敷地地盤面上に存する既存塀を除却する。

    (6)新たに築造する塀等については、敷地地盤面から1.2mを超える部分を、風圧を受け難いフェンス等とすること。ただし、敷地の形状及び構造上やむを得ないものについては、この限りではない。

    (7)新たに築造するものについては、既存の擁壁を含め、建築基準法の道路に突出せず、豊島区狭あい道路拡幅整備に協力すること。

     

    ※1 別紙1(ブロック塀チェック表)(PDF:101KB)

助成対象者

 既設塀等の所有者で次の各号以外の者 

 ただし、区長が特に必要があると認める者については、この限りでない。

   (1)国、地方公共団体その他これらに準じる団体。

   (2)既設塀等改善工事について、他に助成金交付の決定を受けている者。

   (3)建築物の販売事業者。

   (4)大企業。

   (5)建替え等で狭あい道路拡幅整備の事前協議が必要となるもの。

助成金の交付額等

 次の各号に掲げる額の合計とする。ただし、200万円を限度とする。

 (1)既設塀等除却部分の見付け面積に6,000円/平方メートルを乗じた(1,000円未満切り捨て)額。

 (2)新たな塀等の築造に係る経費(消費税を除く)の3分の2(1,000円未満切り捨て)以内の額。

 

 ※助成金の申請は工事着手前、工事完了は年度内のものが対象となります。

申請に必要な書類

 (1)一覧表(PDF:93KB)

 (2)既設塀等改善工事助成承認申請書(PDF:80KB)

 (3)チェックポイント表(※1)(PDF:101KB)

 (4)登記事項証明書

 (5)付近見取り図(案内図)

 (6)配置図

 (7)立面図

 (8)工事着工前写真

 (9)見積もりの写し等(除却と新設それぞれの経費内訳がわかるもの)

 (10)[土地・建物の所有者が異なる場合] 承諾書(PDF:45KB)

 (11)[中小企業法人の場合] 中小企業要件確認書(PDF:70KB)

 (12)[申請者と所有者が異なる場合]同意書

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年6月3日