ここから本文です。

平成29年度 不動産オーナー向けセミナー

第1回空き家の勉強会

豊島区では、平成26年度から空き家・空き店舗等の遊休不動産を活用した「リノベーションまちづくり」の取り組みを行っています。

空き家勉強会は、不動産相続予定者も含め、そもそもの空き家の管理方法や賃貸の仕方・売却など、空き家にまつわる様々な問題の解決を促すために行われます。

セミナーチラシ(PDF:224KB)

講座のご案内(無料)

日時

平成29年7月21日(金曜日)午後6時30分から午後8時30分まで

会場

豊島区役所507会議室

定員

80名、先着順

申込み方法

電話かEメールでお名前・参加人数とご連絡先をお伝えください

 内容

第一部 「空き家問題と適正管理」

講師 上田真一 氏

空き家がなぜ発生していくのかのメカニズムと、空き家が発生したときどのように解決すればよいのか、空き家問題で苦労しない為の計画づくりなど、空き家問題に対する基本の考え方をお伝えいただきます。

また、区内の事例を踏まえながら、空き家問題解決までのプロセスをお話いただきます。

第二部 「家守とはじめる遊休不動産活用」

講師 浅原賢一 氏 

区内の賃貸マンションを経営するオーナーの目線から、リノベーションを自身が所有する不動産で行うことになった経緯やリノベーションを行って生まれた変化をお話しいただきます。

講師

第一部 上田真一 氏

 特定非営利活動法人空家・空地管理センター 代表理事

米国オハイオ州立大学卒。ベトナムで不動産事業の立ち上げを行った後、㈱リクルートへ転職
し営業に従事。2010 年北斗アセットマネジメント㈱の取締役就任(現在は代表取締役)。東村
山市空家等対策協議会の副会長も務める。著書に「あなたの空き家問題(日本経済出版社)」。

 第二部 浅原賢一 氏

 アサコーホーム株式会社 代表取締役

豊島区生まれ。建築設計事務所勤務を経て現在、不動産賃貸業、仲介管理業を行っている。築40年超で空き室の多かった「目白ホワイトマンション」を借り手自らカスタマイズ出来る、セルフリノベーション賃貸として2か月で満室となる。カスタマイズ部分の原状回復免除など、借りやすいしくみで賃貸借契約を結んでいる。趣味は、いろんなアーティストのコンサートに行くことで、次は、中学の大先輩、山下達郎のコンサートに行きたいと思っている。宅建協会理事・豊島区住宅対策審議会委員・宅地建物取引士・一級建築士

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部マンション担当課長

更新日:2017年7月6日