ここから本文です。

地域貢献型空き家利活用事業

 豊島区は、空き家対策の新たな取り組みとして、空き家活用と地域コミュニティの活性化を目指し、「地域貢献型空き家利活用事業」を平成31年4月1日からスタートしました。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 ~事業の概要~

 戸建て空き家を地域貢献のために提供したいとお考えのオーナーと、その建物で地域貢献活動を展開したいNPO法人や社会福祉法人などの団体を、区が仲人役になり双方をマッチング(結び付け)します。もちろん、オーナーが自ら公益的な活動を行うこともできます。また、団体は、オーナーとの間で建物の賃貸借契約を結んでいただきます。さらに、地域貢献活動に必要な建物のリフォーム工事費等の一部を区が補助します(上限200万円)

 ※補助を受けるにあたっては、事前相談のうえ区へ登録申請が必要です。

<対象>次のすべてにあてはまること。

 ①建築基準法・新耐震基準に適合する建物であること(改修完了時において適合するものを含む)

 ②団体の活動については3年以上の実績があること

 ③事業を10年間継続できる見込みがあること

<地域貢献活動の例>

 ○多世代交流が生まれる地域に開かれたコミュニティカフェ

 ○子育てママたちを支援するふれあい・交流スペース

 ○高齢者の健康サポートやコミュニティデイサービス

 ○放課後児童の居場所づくりや学習支援・こども食堂

 ○多言語交流の輪が広がる集いや憩いの場

 ○そのほか、地域の活性化や暮らしやすいまちづくりなどに資する公益的活動

<手続きの流れ>

 事前相談⇒登録申請⇒マッチング⇒賃貸借契約⇒事業計画書提出⇒改修工事⇒補助金交付申請⇒補助金交付⇒事業開始⇒実績報告

 

<ご相談・問合せ>

 都市整備部住宅課 マンショングループ(空き家利活用)

 電話:03-3981-1385

 

 

 

 

 

 

見出しセル 項目セル 項目セル
見出しセル 項目セル 項目セル
見出しセル 項目セル 項目セル

本文が入ります





お問い合わせ

都市整備部マンション担当課長

更新日:2019年4月1日