ここから本文です。

道路占用

事業の概要・沿革

道路占用のイメージ

道路を継続して使用する場合や掘削などの道路工事を行う場合は、道路管理者の許可を受けなければなりません。道路占用許可の申請がありますと、正しく道路を使用されているか、許可基準に照らして占用の許可をしています。

区では、特に占用されている物件数の多い建物に設置された突出し看板や壁面看板などについて、道路占用の実態を把握するため、平成20年度より区内全域の調査を開始しております。その結果、未だ多くの無届け・無許可の看板があることがわかりました。

このため、正しく道路占用の許可を受けるように呼びかけを行なっております。

実施事業

道路突き出し看板等実態調査委託
調査件数(許可済み・未許可の物件を含む、総調査物件数)

  • 平成20年度 東池袋1丁目地域 : 972件
  • 平成21年度 東池袋、南池袋、上池袋、北大塚地域 : 1,547件
  • 平成22年度 南大塚、西池袋1丁目地域 : 1,561件
  • 平成23年度 西池袋、池袋、巣鴨地域 : 1,395件
  • 平成24年度 池袋2丁目 : 791件

道路占用状況

道路占用許可数(継続占用数を含む、平成24年度末)

許可物件

単位

物件数・許可件数

東京電力柱

7,760

NTT柱

5,687

地中管路(東京電力・NTT)

キロメートル

1,112

ガス本管

キロメートル

258

水道本管

キロメートル

383

下水道本管

キロメートル

307

突き出し看板、壁面看板など

1,669

足場・仮囲い・朝顔

309

公益企業による道路占用工事

2,374

今後の動向・計画等

違反占用物件に対し監察パトロールなどを強化し、道路の正しい利用と安全を図っていきます。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日