ホーム > まちづくり・環境・産業 > 交通 > MCCOBA(ムコーバ)

ここから本文です。

MCCOBA(ムコーバ)

IPPF(国際家族計画連盟)アフリカ地域事務局長から表敬訪問を受けました

ルシアン・クアクウ氏(右)と水島副区長

平成26年11月4日、IPPF(国際家族計画連盟)アフリカ地域事務局長のルシアン・クアクウ氏ら関係者4名が豊島区役所を訪れ、公務で出張中の高野区長に代わり水島副区長が表敬訪問を受けました。

同氏は、日本政府が主催し、国際連合・アフリカのためのグローバル連合・世界銀行とともに5年ごとに開催される「アフリカ開発における東京国際会議」のフォローアップ会合および、日本企業との連携強化・アフリカ支援への呼びかけのために来日していましたが、このたび、アフリカ各国に対するムコーバの長年の支援についてお礼を伝えたいと、ムコーバの事務局である豊島区を訪問しました。ムコーバでは、平成26年3月末までの間に、アフリカ地域の41か国に対し41,520台を譲与しています。

クアクウ氏から「自転車は、現地のボランティアにとって不可欠な、とても価値あるもの。25年にわたり再生自転車の寄贈とIPPFの活動を支援いただき感謝申し上げます」とお礼の言葉をいただきました。

水島副区長からは「現地で有効活用されていることはジョイセフからの情報提供もあり理解している。途上国への支援事業であるムコーバの活動は今後も継続して行きたい」と伝えました。

IPPF(International Planned Parenthood Federation)とは

セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス/ライツの分野で活動する世界最大級のNGOです。約180カ国、6万277カ所のサービス拠点において、3万3,000人以上のスタッフと何百万人ものボランティアが参加し、女性、男性、若者に避妊・HIV・母子保健などの保健医療サービスを提供しています。(IPPF会報から抜粋)

カンボジア王国からムコーバに友好勲章が贈られました

大使(左)と高野区長

平成24年5月17日カンボジア王国大使館において、ホー・モニロット特命全権大使(写真左)より、ムコーバを代表して会長の高野区長(写真右)に手渡されました。

平成24年4月1日現在、ムコーバはカンボジア王国へ3,425台を譲与し、平成23年度には、技術指導者をプノンペンに派遣し、現地のスタッフ10名に対し、自転車の組み立てや修理・メンテナンス等の技術を指導しました。こうした国際貢献が同国に高く評価され、今回の勲章授与につながりました。

ムコーバとは

1.発足

MCCOBA(ムコーバ)とは、「再生自転車海外譲与自治体連絡会」の略称です。本会の名称を英文で表記する場合には、Municipal Coordinating Committee for Overseas Bicycle Assistanceといいます。
豊島区では、昭和63年(1988年)、他の自治体に先駆け、駅前などに放置された引取り手のない自転車を再生しマレーシア等に贈りました。これを契機に翌年には、豊島区の呼びかけにより、6つの自治体と公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)をもって再生自転車海外譲与自治体連絡会が発足しました。その後、新たな自治体が加盟し、現在は12の自治体とジョイセフが構成員となり、日本郵船グループなどの団体・企業の協力を得て、活動を行なっています。

2.目的

撤去された放置自転車のうち、引取り手のない良質車の有効利用対策として、これらの自転車をさらに点検整備し、再生自転車としてアジア、アフリカ、中南米等の開発途上国に無償譲与し、看護師、保健師等の交通手段として利用してもらうことにより、これらの国や地域での福祉の向上・増進を図り、国際協力に寄与することを目的としています。

3.経緯

昭和63年7月
豊島区がマレーシア、フィリピン、ザンビアに計375台の再生自転車を贈る。

平成元年10月
豊島区、文京区、大田区、世田谷区、川口市、大宮市の6自治体とジョイセフをもって発足。

平成3年7月
英文による団体表記を「MCCOBA(ムコーバ)」とする。

平成5年4月
第1回総会(会長職を設け、会長は自治体の首長とする。)~(総会は年1回、幹事会年3回実施)
平成28年5月
第24回総会

<平成28年4月現在加盟自治体等>

12の自治体と公益財団法人ジョイセフ

豊島区、文京区、大田区、世田谷区、練馬区、荒川区、武蔵野市、川口市、さいたま市、上尾市、静岡市、広島市

4.役員

会長(豊島区長)、副会長(さいたま市長、静岡市長)、監事(練馬区土木部交通安全課長)

事務局:豊島区都市整備部交通対策課自転車計画グループ(電話:03-3981-2169)

5.会の運営経費等

各自治体とジョイセフが分担金を負担しています。

また、財団法人JKAより助成金の交付を受けています。

さらに、自転車の輸送には、日本郵船グループより海上輸送協力を受けています。

6.実績

平成27年度末までに、91か国に80,145台を譲与しました。

また、平成9年度からは、より多くの自転車の譲与と、現地での自転車組み立て等を通じ技術の向上を図るため、分解した自転車とあわせて組立工具や修理用部品も出荷しています。

7.各団体の主な役割

<各自治体>

  • 撤去した放置自転車のうち、会の基準に合わせて整備した再生自転車を、積出港(保税倉庫)まで運搬しています(経費は各自治体負担)。
  • 自転車の輸送費、スペア部品代等、会の運営経費に充てるため、毎年度1自治体あたり100万円の分担金を負担しています。

<公益財団法人ジョイセフ>

  • IPPF(国際家族計画連盟)の加盟国やUNFPA(国連人口基金)等から需用をまとめ、事務局に要望します。
  • 事務局がまとめた譲与計画にもとづき、譲与受け入れ団体との出荷調整等を行います。
  • 現地到着後の自転車の活用状況等の把握や報告を行います。
  • 毎年度1万円の分担金を負担しています。

<助成団体・協力企業等>

  • 本会の活動や事業に理解を示す団体等から助成・協力を受けています。
  • 平成27年度助成団体
    公益財団法人JKA
  • 平成27年度協力企業等
    日本郵船グループ、株式会社ロッテ

<事務局>

  • ジョイセフが取りまとめた要望等にもとづき、譲与計画を作成する。
  • 譲与計画にもとづき、加盟自治体との出荷調整、保税倉庫との調整、輸送契約、経理を行う。
  • 総会、幹事会等を開催する。

25周年記念誌を作成しました

MCCOBA(ムコーバ)結成25周年を記念して、再生自転車の行程の写真などを掲載した25周年記念誌を作成しました。

記念誌の内容は下記のリンクからご覧いただけます。

再生自転車海外譲与25周年記念誌(容量にご注意ください)(PDF:3,335KB)
再生自転車海外譲与自治体連絡会の組織や活動をまとめた冊子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年12月7日