ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 街のみどりをつくる・守る(緑化助成等)

ここから本文です。

街のみどりをつくる・守る(緑化助成等)

 お家や事務所・アパートを新築するときなど、道路脇や屋上・壁面の緑化工事を助成します。

 一定規模以上の良好な樹木・樹林・生垣にお手入れ費用の一部を助成します。

接道緑化助成

 ブロック塀を建てるより、生垣や植え込みでお家を包みましょう。潤いのある美しい街並みをつくり、地震等の災害にも安全です。

 接道緑化に必要な費用の一部を助成します。

屋上緑化等助成

 建物の屋上や壁面は、樹木を植えるスペースがない場所でも効果的な緑化ができます。

 夏の暑さを和らげ、屋上やベランダの「緑のお庭」でランチなど楽しめます。

 屋上緑化やつる植物による壁面緑化に必要な費用の一部を助成します。

民間施設の緑化(つる植物配布

 自分の手でみどりを育ててみましょう。狭い場所でも育てやすいつる植物を春と秋の2回、配布しています。

 配布時期は広報としまやホームページをチェックしてください。

ご近所同士で街に緑を

 ご近所3軒以上でまとめて緑化をする場合(界わい緑化といいます)、必要な費用の一部を助成します。

保護樹木等の指定

 豊島区の歴史を見つめてきた大きな樹木や樹林、長い生垣などは貴重なみどりの資源です。一定以上の大きさや規模で良好な樹木等を、所有者等の同意を得て保護樹木等として指定しています。

 保護樹木等に指定するとこれらを保護するために、維持管理費用の一部が助成されます。

お問い合わせ

更新日:2016年10月7日