ここから本文です。

雑司が谷公園

雑司が谷近辺は、低地から台地に続く斜面に発達した町。他の地区に比べるといたるところに緑の植栽がなされ、町並みにみずみずしい色を添えています。雑司が谷公園はそうした地形を利用した住宅地のなかの公園です。
 園内にはこどもの遊び道具として砂場や複合遊具、段差を利用してつくられた大きなスベリ台があります。園内には背の高い樹木がありますが、これらは公園ができる前からあったもの。自然のままに枝を延ばしたおもしろい形の樹木もみられます。他にも周囲には中木の植込みがあり、人々の目を楽しませています。

施設情報

所在地

雑司が谷2-11-8

最寄駅

都電鬼子母神前駅

面積

1,345.53平方メートル(一部国有地の無償貸付を受けています)

開園

昭和61年4月

雑司が谷公園

更新日:2015年2月25日