ホーム > 文化・観光 > 文化 > 文化財 > 豊島区文化財ニュース > 豊島区文化財ニュース 第2号

ここから本文です。

豊島区文化財ニュース 第2号

染井遺跡の発掘現場見学会を開催します

 芥川調査風景染井遺跡が広がる駒込地域は、かつて染井と呼ばれ、江戸時代には多くの植木屋が住んでいました。植木屋はソメイヨシノを作り出したり、庭園を整備して珍しい植物を栽培したりして、江戸の園芸文化に大きな影響を及ぼしました。
 現在、駒込六丁目5番地(芥川製菓工場の跡地)では、染井遺跡の発掘調査をおこなっており、そうした植木屋の痕跡が発見されています。

 そこで、下記の通り発掘調査見学会を開催いたします。実際に発掘調査をしているところや、出土した遺物をご紹介します。この機会に地下から掘り起こされた植木屋の足跡に触れてみてはいかがでしょうか。

開催情報

  • 日  時  平成28年9月24日(土)芥川出土品
           午前10時~12時
           午後1時~午後3時
  • 場  所  豊島区駒込6丁目5番7号(芥川製菓工場の跡地)
  • 参加方法  直接現地にお越しください。

  ※雨天中止
  ※場内は足元が悪いので、運動靴など歩きやすい履物でお越しください。
  ※駐輪場、駐車場はございません。車や自転車でのご来場はご遠慮ください。

芥川調査地地図(入口)

お問い合わせ

更新日:2016年11月9日