ホーム > 子育て・教育 > としまの教育 > 教育施策 > 豊島区いじめ防止対策推進条例

ここから本文です。

豊島区いじめ防止対策推進条例

豊島区いじめ防止対策推進条例を制定しました。

豊島区では、生命尊重及び人権尊重の精神を基盤として、これまで取り組んできたいじめ防止対策の基本的な理念等を改めて条例化し、いじめ防止対策の一層の充実を図るため、「豊島区いじめ防止対策推進条例」を制定しました。
また、条例に基づき、「豊島区いじめ防止対策推進基本方針」を策定しました。豊島区は、いじめ根絶に向けた取組を推進します。

豊島区長と豊島区教育長からのいじめ防止アピールです。

「思いやりとやさしさをもとう」いじめ防止アピール

豊島区長 高野 之夫
豊島区教育委員会 教育長 三田 一則

豊島区及び豊島区教育委員会は、「いじめは絶対に許さない」という強い思いをこめて、「豊島区いじめ防止対策推進条例」と「豊島区いじめ防止対策推進基本方針」を作りました。子どもから大人まで区民が一丸となって、あらゆるいじめをなくしていきましょう。

児童・生徒のみなさんへ
豊島区では、これまで、学校や地域が一つになっていじめ防止の努力を続けてきました。これからも、学校や地域で、いじめを防止する決意を固めて、条例を定めました。
みなさんは、この思いを受け止め、ともだちどうし思いやりとやさしさをもって仲良く生活をしましょう。人が思いやりの心をもって認め合い、励まし合い、助け合って生活することは、人と共にくらす知恵ある生き方です。相手の立場に立って親切にすることは、自分も大切にされることにつながります。みなさんがもし、いじめの場に立ち会ったら、見て見ぬふりをせず、周りの大人の力もかりて自分たちに出来ることを考え、行動しましょう。
みなさんで知恵と力を発揮し、豊島区からいじめをなくしていきましょう。

区民、保護者のみな様へ
心から呼びかけます。子どもたちは21世紀を担う宝です。大人である私たちは、子どもの学びと育ちを見守り、いじめの疑いがあったら声をかけ、「いじめはしない、させない、許さない」という立場を貫きましょう。そして、思いやりとやさしさこそ子育ての原理であるという姿勢に立って、子どもたちを育てていきましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年7月2日