ホーム > 子育て・教育 > としまの教育 > 教育施策 > がんに関する教育

ここから本文です。

がんに関する教育

平成24年度から「がんに関する教育」を体育・保健体育の時間で行ないます。

区立小・中学校で、健康教育の一環として、小学校6年生は体育の授業で、中学校3年生は保健体育の授業で、がんの仕組みややがん予防に関する正しい知識を学びます。

小・中学生のうちから正しい生活習慣を身に付けることが、がんを予防するのに有効な手段の一つであることを確認するとともに、がん検診の受診などについての理解を深めます。

ご家族でもがんの予防について、ぜひ、話題に取り上げてください。

教材の内容

「がんの予防について」(小学校6年生)

「がんの予防について」(小学校)

「家族で話題にする」(小・中学校共通)

「家族で話題にする」(小・中学校共通)

※成人のがんについての一般的な知識を学ぶもので、小児がんについて学ぶものではありません。

※授業を進めるにあたり、家族をはじめ、身近な人が、がんの治療中などのお子さんへの心理的配慮を行ないます。

お問い合わせ

更新日:2017年11月27日