ホーム > 子育て・教育 > としまの教育 > 教育施策 > 豊島教員ミニマム

ここから本文です。

豊島教員ミニマム

豊島区に愛着を持つ教員を育成し、各教員が「学習指導力」「生活指導力・進路指導力」「保護者や地域との適切な対応力」「組織の一員としての円滑な校務遂行力」を身につけ、豊島区の教員なら「いつでも、どこでも、だれでも、これだけはできる実践力」の姿を現したものです。

内容

子どもに学びがいを、教師に教えがいを、学校に元気を!

教育は教化も感化も重要なり

☆ 子どもの知的好奇心をゆさぶり、やる気を引き出し、達成感をもたせよう

☆ 学習3つの心得 (①人の話は目で聞く ②自ら問いをもって考える

  ③互いに高め合う)を確立させよう

☆ 話し合い、学び合い、協同を促し、学びがいを実感させよう

教育は為すことによって身につく

☆ ひと言の重みを自覚し、子どもが抱える心の悩みをとらえよう

☆ 子どもの可能性や能力を信じて、最後まで指導をしよう

☆ 子どもの心に向き合い、温かい人間関係を築こう

教育は人なり、チームプレーなり

☆ 理屈抜きで子どもや学校を好きになろう

☆ 「フェイス・ツゥ・フェイス」を大切に、共に汗して絆を深めよう

☆ 忙中笑顔、人には優しく、自らには厳しく

お問い合わせ

更新日:2018年7月5日