ホーム > 区政情報 > 選挙 > 選挙権・選挙人名簿

ここから本文です。

選挙権・選挙人名簿

選挙権

選挙権を持つには、次の条件を満たすことが必要です。

  1. 日本国籍がある。
  2. 年齢満18歳以上である(平成28年6月19日施行 公選法改正)。
  3. 引き続き3か月以上その区域内に住んでいる。
    (区市町村および都道府県の議会の議員および長の選挙の場合。)

なお、投票をするには区市町村の選挙人名簿に登録されていることが必要になります。

選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられました

平成28年6月19日施行の公職選挙法改正により、投票に際しての選挙権年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられることとなりました。

詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。

総務省ホームページ「選挙権年齢の引下げについて」のページを開く(新しいウィンドウで開きます)

選挙人名簿の登録

  1. 定時登録
    毎年3月1日、6月1日、9月1日、12月1日現在で、区市町村の住民基本台帳に引き続き3か月以上記録されている人が登録されます。
  2. 選挙時登録
    選挙のたびに基準日を定め、基準日現在で住民基本台帳に3か月以上記録されている人を登録します。
  3. 表示登録
    転出後、旧住所地で住民票の登録期間が3か月以上で、そのまま居住していれば登録されたであろう方について、転出直後の定時登録・選挙時登録の際に、旧住所地で登録を行い、投票が出来るようになります。

お問い合わせ

更新日:2016年12月21日