ホーム > 区政情報 > 選挙 > 衆議院議員選挙特集ページ(平成29年10月22日執行)

ここから本文です。

衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査      (平成29年10月22日執行)

衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査について

投票日など

  • 公示日:平成29年10月10日(火曜日)
  • 投票日:平成29年10月22日(日曜日)
  • 投票時間:午前7時から午後8時まで

概要

今回の選挙は、衆議院解散に伴い行われる衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査です。

また、今回の衆議院議員選挙から小選挙区選出は新しい選挙区で行われます。

豊島区は、これまで全域が東京都第10区でしたが、以下のとおり、区内北東部の地域が東京都第12区に変わります。

 ※選挙区によって候補者が異なりますので、ご注意ください。 

衆議院小選挙区の区割りについて

 

東京都第10区の地域

 南大塚3丁目、東池袋、南池袋、西池袋、池袋、池袋本町、雑司が谷、高田、目白

 南長崎、長崎、千早、要町、高松、千川

 

東京都第12区の地域

 駒込、巣鴨、西巣鴨、北大塚、南大塚1・2丁目 、上池袋

豊島区で投票できるかた

豊島区で投票することができるかたは、

1.日本国籍を持ち、

2.平成11年10月23日以前に生まれたかたで、

3.平成29年7月9日以前に豊島区に転入を届出し、

4.投票する日現在、豊島区の選挙人名簿に登録されていることが必要です。

投票所について

豊島区で投票できるかたには「選挙のお知らせ」を世帯ごとにお送りします。投票日当日(10月22日)は、「選挙のお知らせ」に記載されている投票所でのみ投票ができます。

下記の「当日投票所一覧」をクリックしていただくと、お住まいの住所(選挙人名簿に登載されている住所)から、投票日当日に投票する投票所を調べることができます。

当日投票所一覧

期日前投票の案内

投票日当日(10月22日)に仕事や用事などで投票所に行けないかたは、投票日の前に期日前投票所で投票することができます。

今回の衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査では、以下の期日前投票所を開設いたします。

東京都第10区と東京都第12区とで、投票できる期日前投票所が異なりますので、ご注意ください。

なお、最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票期間は衆議院議員選挙と同じになりました。

 

東京都第10区期日前投票所一覧

期日前投票所

開設期間

開設時間

豊島区役所本庁舎

8階 806会議室

10月11日(水曜日)から

10月21日(土曜日)まで

午前8時30分から午後8時まで

西部区民事務所

1階 会議室

10月15日(日曜日)から

10月21日(土曜日)まで

(新設)

東京建設コンサルタント

1階 ロビー

東武百貨店池袋本店

5階2番地 イベントルーム

午前10時から午後8時まで

 

 

 

東京都第12区期日前投票所一覧

期日前投票所 

開設期間

開設時間

豊島区役所本庁舎

8階 803会議室

10月11日(水曜日)から

10月21日(土曜日)まで

 午前8時30分から午後8時まで

東部区民事務所 

1階 会議室

10月15日(日曜日)から

10月21日(土曜日)まで

西武池袋本店

7階南A-11番地 

催事場横特設会場

 午前10時から午後8時まで

期日前投票所の詳しい場所などは「期日前投票案内」をご覧ください。

投票の方法

今回の選挙は3票(小選挙区選出、比例代表選出、最高裁判所裁判官国民審査)です。

1.ご自宅に「選挙のお知らせ」が届きます。

2.「選挙のお知らせ」を持って、投票所に行きます。

(「選挙のお知らせ」をお持ちでなくても投票出来ます。投票所で係員にお申し出ください。)

3.受付で「選挙のお知らせ」を渡すと、豊島区の選挙人名簿に載っているかを係の者が確認します。

4.投票用紙を受け取ります。投票用紙の色は小選挙区が「ピンク色」、比例代表が「あさぎ色」、最高裁判所裁判官国民審査が「うぐいす色」です。

5.記載台にて、ピンク色の投票用紙(小選挙区)には候補者名、あさぎ色の投票用紙(比例代表)には政党名、うぐいす色(最高裁判所裁判官国民審査)の投票用紙には罷免させたい裁判官にバツ印を書きます。

6.投票箱に投票用紙を入れます。

滞在先での不在者投票

仕事や旅行などのやむを得ない事情により、投票日当日または期日前投票期間中に投票所に行けないかたは、選挙人名簿登録地の選挙管理委員会から投票用紙を取り寄せて、滞在先の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

滞在先での不在者投票の具体的な方法につきましては、「不在者投票の手続き」をご覧ください。

病院や老人ホームなどの施設における投票

都道府県の選挙管理委員会が指定している病院または施設に入院・入所中で、投票日当日または期日前投票期間中に投票所へ行けないかたは、病院内・施設内で不在者投票ができます。

詳しくは、「病院や老人ホームなどの施設における投票」をご覧ください。

代理投票・点字投票

心身の故障、その他の事由により、自書できないかたは、投票所係員の代筆による「代理投票」ができます。また、目の不自由なかたは「点字投票」ができます。投票の秘密は固く守られますので、安心してお申し出ください。

その他の投票方法につきましては「投票の方法」をご覧ください。

選挙公報の配布

選挙公報は候補者の情報や政見等を掲載している印刷物です。

選挙公報の発行は公示日の翌日以降です。

投票日の2日前までに豊島区内の各世帯にお届けします。

また、下記東京都選挙管理委員会のホームページでも閲覧できます。

東京都選挙管理委員会ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

開票について

開票は投票時間終了後、下記のとおり即日開票を行います。開票作業は豊島区の選挙人のかたであれば参観することができます。

また、豊島区の衆議院議員小選挙区が分割されたことにより、開票所も二つに分かれることになりました。

 

東京都第10区(豊島区)開票所:豊島区立豊島体育館(豊島区要町3-47-8)

東京都第12区(豊島区)開票所:豊島区立南長崎スポーツセンター(豊島区南長崎4-13-5)

開票開始時間:20時45分から

投開票速報について

投票日に投票・開票速報を掲載します。

投票速報は10月22日午前8時過ぎから、開票速報は22時ごろから順次当ホームページでお知らせいたします。

【投票・開票速報に関するお問い合わせ先】豊島区広報課報道グループ03-4566-2533

選挙権年齢は満18歳以上です!

選挙権年齢は「満18歳以上」です

選挙は政治に参加する大切な機会です。若い人も投票に行きましょう!

過去の選挙結果

過去の衆議院議員選挙の結果について


 

 

お問い合わせ

更新日:2017年10月6日