ここから本文です。

寄附禁止について

政治家の寄附の禁止

議員・区長などの政治家や、これから立候補しようとしている人が、自分の選挙区内の人や団体に対して寄附をすることは、その時期や理由がどのようなものであっても特定の場合を除き禁止されており、罰則の対象となります。また、寄附をするように勧めたり、求めることも禁止されています。

禁止されている主な寄附

  • 忘年会や新年会などへの寄附や差し入れ
  • お祭りへの寄附や差し入れ
  • 開店祝いや落成式の花輪
  • お中元やお歳暮
  • 秘書などが代理で出席する場合の結婚祝い・葬式の香典
  • 入学・卒業祝い
  • 病気見舞い
  • 町内会の集会や旅行などの催物への寸志や景品・飲食物の差し入れ
  • 葬式の供花・花輪など

適用除外

  • 親族に対する寄附(6親等内の血族、配偶者及び3親等内の姻族)
  • 政党その他の政治団体またはその支部に対する寄附
    (注釈)自分の後援団体(資金管理団体を除く)へは、一定期間は寄附することができません。
    「一定期間とは」
     ・任期満了の日前90日に当たる日から選挙期日まで
     ・衆議院解散の日の翌日から選挙期日まで
     ・選挙を行うべき事由の生じた旨を告示した日の翌日から選挙期日まで
  • 選挙区内で行う政治教育集会に関する必要やむを得ない実費の補償(食事、食事料を除く。)
  • 政治家本人が自ら出席する結婚披露宴における祝儀
  • 政治家本人が自ら出席する葬式や通夜における香典

ただし、これらのものであっても、選挙に関してなされた場合や通常一般の社交を超えている場合は処罰されます。

政治家に対する寄附の勧誘要求の禁止

政治家や候補者に対して、寄附をするように勧誘や要求をすることは禁止されています。また、政治家や候補者を威圧したり、当選または被選挙権を失わせる目的で勧誘や要求をしたりすることも禁止されており、罰則の対象となります。

後援団体の寄附禁止

政治家や候補者の後援団体が選挙区内の人に対して、花輪、供花、香典、祝儀などを出したり、後援団体の設立目的により行う行事や事業に関する寄附以外の寄附をしたりすることは、時期や名義にかかわらず禁止されており、罰則の対象となります。

政治家の関係団体の寄附の禁止

政治家が役職員・構成員である団体(会社)が、選挙区内の人や団体に対して政治家の氏名を表示したり、氏名が類推されるような方法で寄附することは禁止されており、罰則の対象となります。(政党等その他の政治団体又はその支部に対するものは除かれます。)

ポスター・リーフレット

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2017年7月24日