ホーム > 区政情報 > 区議会 > 請願・陳情の手続き

ここから本文です。

請願・陳情の手続き

区政への要望は、請願・陳情により、どなたでも区議会に提出することができます。

この制度は、皆さんのご意見やご要望を区政に反映させる役割を持っています。

請願は紹介議員を必要とし、陳情は必要としないという違いがありますが、豊島区議会では同じ扱いをしています。

随時受け付けておりますが、各定例会初日の3日前(休日を除いた3日前)午後5時までに提出された請願・陳情につきましては、その定例会中に審議されます。

詳しい日程は、「広報としま」や区議会ホームページ「トップベージ」でお知らせします。

区議会ホームページ「トップページ」

提出のしかた

請願(陳情)の内容を文書にして、区議会事務局に提出してください。

請願の場合は、紹介議員の署名を添えてください。

郵送での提出は可ですが、ファクス、メール等では受け付けておりません。

なお、住所が不明確で連絡がとれない場合等には、審査の対象とならないことがあります。

書き方は下記を参考にしてください。

請願(陳情)の記載のしかた

請願(陳情)の記載例

請願(陳情)書を提出される際に記入していただく内容は以下のとおりです。

  1. 提出年月日
  2. 請願(陳情)者の住所(法人の場合はその所在地及び名称)
  3. 請願(陳情)者の署名(法人の場合は代表者の署名)
    ワープロ等での記名の場合は押印(法人の場合は代表者印または代表者の私印)
  4. 連絡先の電話番号
  5. 請願(陳情)の趣旨

請願者の意見陳述について

請願を提出される際に、意見陳述を希望するかどうか、意向をお知らせください。

1.目的

請願の趣旨を明確にするため、請願者の意見陳述制度を導入することにより、審査のさらなる充実を図ることを目的としています。請願者本人が希望し、審査する委員会が認めたときに、その委員会において、意見陳述を行うことができます。

2.意見陳述申出書の提出

  • (1)請願の意見陳述を希望される場合、所定の意見陳述申出書の提出が必要です。
  • (2)郵送により請願書を提出する場合で、意見陳述を希望される方は、所定の意見陳述申出書に必要事項を記載し、請願書に同封して郵送してください。
  • (3)意見陳述の申し出の締切りは、請願の締切り日時と同一です。
  • (4)陳述者を変更する際は、変更申出書の提出が必要です。

3.意見陳述の許可

  • (1)請願を審査する委員会において、意見陳述の許可・不許可が決定されます。

4.意見陳述の方法

  • (1)意見陳述は、委員会において、請願の審査前に行います。
  • (2)意見陳述者の人数は2名以内とします。代表者はできる限りご出席ください。
  • (3)委員会室内に陳述者席を設け、意見陳述の時間は、1件あたりおおむね10分以内です。
  • (4)意見陳述者は、住所・(団体名)・氏名を述べていただいた後、陳述を行います。
  • (5)委員会の委員は意見陳述者に質問ができますが、意見陳述者から委員に質問をすることはできません。
  • (6)意見陳述者は、委員会内において、資料等の配布や補助資料(パネル・画像・音声データ等)を使用することはできません。
  • (7)委員会への出席に代えて、請願書以外の別途の文書により、陳述とすることはできません。
  • (8)意見陳述終了後は、陳述者席から退席していただきますが、委員会の傍聴手続きを行えば、引き続き審査を傍聴できます。

5.その他

  • (1)提出された請願について、初めて委員会審査を行うときに意見陳述を行うことができます。
  • (2)意見陳述で発言される内容は、会議録に掲載し、公開します。
  • (3)意見陳述者は、インターネット中継に映ることになります。
  • (4)意見陳述に際しては、下記の事項を守り、委員長の指示にしたがってください。
  •   1.意見陳述者が発言する場合、委員長の許可が必要です。
  •   2.意見陳述者は、請願内容の範囲を超える発言はできません。
  •   3.意見陳述者は、個人情報に関する発言や公序良俗に反する発言、個人・団体等への誹謗中傷や名誉を 棄損するなどの発言をしないでください。
  • (5)請願の審査日時は審査の状況により異なります。意見陳述を行っていただく日時等を確定することはできません。また、審査日時の指定はできません。
  • (6)請願の委員会審査時に不在の場合は、意見陳述ができません。

6.様式のダウンロード

(注)印刷する場合は、A4サイズの用紙に黒いインクで印刷して下さい。

請願の意見陳述の流れ

  • 1.請願が付託された委員会が開会する。
  • 2.委員長が請願者からの意見陳述を許可することを委員会に諮る。
    (議案の審査がある場合、議案の審査が先に行われる)

請願者の意見陳述を許可する場合

  • 3.請願の議題を宣告する。
  • 4.意見陳述者が入室し、陳述者席に着席する。
  • 5.請願の朗読。
  • 6.請願者による意見陳述(意見陳述の時間は、出席人数に限らずおおむね10分以内)。
  • 7.委員から意見陳述者に質疑(意見陳述者は委員に質問することはできない)。
  • 8.意見陳述者の退席。
  • 9.請願の審査。
  • 10.採決。

委員会での審査等

提出された請願・陳情は、所管の委員会で審査し、その結果を本会議に報告します。本会議で採択されたものは、その結果を区長や教育委員会に送付し、あるいは意見書などを関係機関に提出して、願意の実現を要望します。さらに審査が必要な場合は、「継続審査」の手続きをとり、委員会で継続して審査します。

結果の通知

提出者には、採択、不採択の結果をお知らせします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。