ホーム > 区政情報 > 区議会 > 議会改革

ここから本文です。

議会改革

正副幹事長会で協議の結果、実現した議会改革(平成27年5月から)

年月 議会改革
平成27年5月 全議員にタブレット端末を配付

平成27年第2回定例会

  • 区議会ポータルの利用を開始
  • 委員会においてタブレット端末の利用を開始
平成28年第1回定例会
  • 一般質問の本会議の開議時刻を「午後1時」から「午前10時」へ変更。【試行】
  • 委員会等開会通知のペーパーレス化を開始【試行】
平成28年5月11日

第2回豊島区議会議会報告会を開催

平成28年第2回定例会後

特別委員会資料のペーパーレス化を開始(豊島副都心開発調査特別委員会を除く)【試行】

平成28年第4回定例会 常任委員会資料のペーパーレス化を開始【試行】
平成29年第1回定例会

豊島区議会会議規則の一部を改正

  • 本会議一般質問の開議時刻を「午後1時」から「午前10時」へ変更する。

豊島区議会議員の議員報酬等の特例に関する条例を制定

  • 長期欠席した議員の議員報酬及び期末手当の額を減額する。
平成29年5月9日

第3回豊島区議会議会報告会を開催

平成29年第2回定例会後 豊島副都心開発調査特別委員会資料のペーパーレス化を開始【試行】

 

議会改革検討会

豊島区議会は、平成28年12月に議会改革検討会を立ち上げました。

議会改革検討会は、議会運営・議会活動全般を調査し、本区議会改革に向けた方策を検討することを目的としています。

区民に開かれた、より一層わかりやすい議会運営を目指し、現在検討を行なっているところです。

検討項目
  1. 障害者に配慮した議会体制について
  2. 一般質問について
  3. 費用弁償について

本検討会で検討する事項は、正副幹事長会により下命を受けたものです。そのため、検討項目は今後追加される可能性があります。

協議の結果、実現した改革(平成28年12月から)

年月 実現した改革

平成29年第1回臨時会

豊島区議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正

  • 費用弁償の日額旅費(3,000円)を廃止する。

平成29年第3回定例会

豊島区議会会議規則の一部を改正

  • 点字による請願・陳情書も受理することとする。(請願書の記載事項等)
  • 「帽子、外とう、えり巻、つえ、かさの類」の記載を削除する。(携帯品)

下記リンクから、過去の議会改革についてご覧いただけます。

過去の議会改革(平成23年7月から)