ホーム > 区政情報 > 区議会 > 意見書・要望書等 > 平成25年 > 平成25年第1回定例会可決した意見書・決議 > 北朝鮮の核実験に抗議するとともに、核開発の即時停止を求める決議

ここから本文です。

北朝鮮の核実験に抗議するとともに、核開発の即時停止を求める決議

北朝鮮は、2月12日、「地下核実験を成功裏に実施した」と発表した。

今回の地下核実験は、平成18年(2006年)、21年(2009年)の地下核実験に続くのみならず、昨年4月と12月の2回にわたるミサイル発射に引き続き、「いかなる核実験又は弾道ミサイルの発射もこれ以上実施しない」ことを求めた国際連合安全保障理事会決議(第1718号及び1874号)に違反するものである。

また、日本はじめ世界諸国の核実験の禁止、核兵器廃絶への願いを踏みにじる地下核実験の強行は、日本国国民に重大な不安を与えるのみならず、核兵器保有への懸念を増大させ、国際社会の平和と安全を著しく脅かす暴挙と言わざるを得ない。

核兵器を廃絶し、平和な世界を実現することは、人類共通の願いであり、非核都市宣言を行った豊島区にとって、核実験の実施と核兵器の保有は断じて容認できない。

よって、豊島区議会は、この度の北朝鮮の地下核実験に厳重に抗議するとともに、すべての核開発を即時停止するよう強く求め、ここに決議する。

平成25年2月15日

豊島区議会