ホーム > 区政情報 > 区議会 > 意見書・要望書等 > 平成27年 > 平成27年第2回定例会可決した意見書・決議 > 子供を犯罪の被害から守るための対策を強化することを求める意見書

ここから本文です。

子供を犯罪の被害から守るための対策を強化することを求める意見書

夏休み最中の8月13日、寝屋川市の中学1年生の男女が殺害された事件は、犯行の残虐性と相まって、国民に大きな衝撃を与えることとなった。

次第に詳らかになる事件の経過から、いつ誰が被害者となっていてもおかしくなかったことが明らかとなっており、子育て中の保護者を不安に陥れている。

報道によれば、事件への関与が疑われる犯人は、以前にも少年に対する性犯罪で服役したことがあり、昨秋に出所したばかりとのことである。性犯罪は再犯率が高いのが特徴であるが、過去に性犯罪を犯していても、刑期さえ終えてしまえば、殆ど制約を受けることなく生活できるのが我が国の現状である。

海外には、GPSによって性犯罪者の出所後の居場所が確認できる制度や住所等をインターネットで公開する制度を導入している国もある。我が国でも子供への性犯罪を犯した者は出所情報を法務省から警察庁へ提供し、警察機関で所在確認等の再犯防止措置を図るといった制度があるが、諸外国に比べると、子供を犯罪の被害から守るための対策は遅れていると言わざるを得ない。

加害者の人権を尊重することは当然であるが、それに偏するあまり、子供の命が失われるようなことがあってはならない。子供の生命こそが第一に尊重されるべきである。さらに、このたびの事件では、まだまだ精神的に未熟であり、自己防衛することができない中学1年生が、深夜に徘徊していた点も見逃してはならない。

東京都が定める「青少年の健全な育成に関する条例」では、保護者の責務を明示するとともに、保護者に対して、正当な理由がある場合を除き、18歳未満の子供を午後11時以降外出させないよう求めている。

こうした施策を国をあげて徹底しなければ、子供が犯罪へと巻き込まれることを未然に防ぐことはできない。

よって、豊島区議会は、国会及び政府に対し、子供を犯罪の被害から守るため、実効性のある対策を講ずるよう、また、家庭基盤の充実等を盛り込んだ青少年健全育成法の制定を、強く要請する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成27年10月27日

豊島区議会議長 村上 宇一

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
法務大臣あて

更新日:2015年12月8日