ホーム > 区政情報 > 区議会 > 意見書・要望書等 > 平成27年 > 平成27年第2回定例会可決した意見書・決議 > ふるぼう知生議員の猛省とより誠実な謝罪ならびに再発防止を求める決議

ここから本文です。

ふるぼう知生議員の猛省とより誠実な謝罪ならびに再発防止を求める決議

 本年6月11日に発生した豊島刷新の会のふるぼう知生議員による豊島副都心開発調査特別委員会の意図的・計画的欠席は、豊島区議会会議規則第2条が規定する、会議等の欠席の理由を「事故」の場合という、緊急やむを得ない事由に限っていることに反することはもとより、当人も委員会開会日時を知っていたうえで、なおかつ事前の正副議長の再三にわたる忠告ないし制止をふりきって挙行された重大な事件である。
 このような所属委員会を意図的・計画的に欠席するという事件は、過去にも例がなく、区民の政治に対する信頼を損ない、豊島区議会の名誉を傷つけ、権威を失墜させ、議会を混乱させたことはもちろん、当人の謝罪もはなはだ不十分なものである。
 よってここに、ふるぼう知生議員の猛省とより誠実な謝罪を求めるとともに、今後、豊島区議会議員として、二度とこのようなことが起きないよう、再発防止を求めることを決議する。

平成27年6月19日

豊島区議会

更新日:2015年7月9日