ホーム > 区政情報 > 公民連携・重点プロジェクト > 女性にやさしいまちづくり

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

女性にやさしいまちづくり

「女性にやさしいまち」とは、女性だけにやさしいまちではなく、子どもや高齢者、障害者、外国人など、すべての人にやさしいまちです。

ひとりひとりの多様なライフスタイルを大切にすることを基本コンセプトに、女性に視点をあわせてまちを見渡すことで、まちづくり全体を見直し、子どもや高齢者、障害者、外国人などすべての人にとって、住みやすく、働きやすい、「誰もが自分らしく暮らせるまち」を目指していきます。

また、子育て世代・働く世代から「住みたいまち、住み続けたいまち」として選ばれるまちを目指します。

わたしらしく、暮らせるまち。

 女性にやさしいまちづくりのキャッチコピー・シンボルマークを策定しましたFF

 

 

「ここに暮らすすべての人が、それぞれ自分らしく輝けるように」という想いを込め、「わたしらしく、暮らせるまち。」という女性にやさしいまちづくりのキャッチコピーを策定しました。

 

 シンボルマークは、複数の形(家)の集合体を、”輝く石(ダイヤモンド)=まちに見立てたデザイン”となっています。これは、「さまざまな人が暮らす家が集まることで、まち全体が輝く。そしてそこに暮らす人も輝けるように」という想いを込めました。あたたかみのある珊瑚色で、やわらかさも表現しています。 

 

 

 いろいろなライフスタイルを楽しむための情報発信サイト「としまscope」

 ”女性にやさしい”からまちを見つめ、ひとりひとりが自分らしい暮らしをつくるための情報をお伝えします。インタビューや最新イベント情報などが満載です。

scope2

 

 

 

 

 

 

としまscope(新しいウィンドウで開きます)

としまscope(FB)(新しいウィンドウで開きます)

 

としまからひろげるワークスタイル革命 としまイクボス宣言

働き方を変えるには、上司の理解が必要です。

豊島区では上司が率先して部下の「ワーク・ライフ・バランス」を応援するため、平成28年9月29日、区長をはじめ、区内に拠点を置く主要企業46社、区内の大学7校、13の区関連団体(総勢67団体)で、区役所本庁舎内の議場にて「イクボス宣言」を行いました。オールとしまで、働きやすく、暮らしやすい環境づくりを目指します。

syuugou

logo1

logo2

ご賛同頂いた団体の一覧(PDF:120KB)

豊島区のイクボス宣言(PDF:198KB)

各団体の宣言・賛同声明(PDF:2,783KB)

としまイクボス宣言の詳細はこちら(新しいウィンドウで開きます)

“ イクボス” って?

ともに働く部下やスタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことです。イクボスのイラスト

公民連携で推進する女性にやさしいまちづくり FFパートナーシップ協定

FFとは、Female/Family Frienndly(女性/ファミリーにやさしい)の略称です。女性や子育て世代、働く世代を対象に、「わたしらしく、暮らせるまち。」を基本コンセプトとし、区・民間事業者それぞれの強みを活かしたノウハウやリソースを活用し、子育て、住まい・くらし、働く、学ぶ、健康なkyouteiど様々な分野において連携していくものです。

 詳細についてはこちら(新しいウィンドウで開きます)

 

「女性にやさしいまち×防災×アート」プロジェクト
ツクモル by Toshimaプロジェクト  ~わたしの「つくる」があなたを「まもる」~

つくもるロゴ

“ ツクモル by Toshimaプロジェクト” とは、わたしの「つくる」が、あなたを「まもる」をコンセプトに、「ものづくり」で災害にかかわることを目指す団体ツクモルと、女性にやさしいまちづくりを推進する豊島区とが一緒になり取り組んでいるプロジェクトです。

女性や親子の視点を取り入れた「災害時に役立つハンドメイドグッズ」の制作や気軽に参加できる防災ワークショップの開催、区内のイベントへの出展、また女性クリエイターとのコラボレーションを行うことで、「防災」とカジュアルに向き合えるを創出していきます。

 ワークショップ写真活動レポートはこちら(新しいウィンドウで開きます) 

女性にやさしいまちづくり担当課☎4566-2513

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2017年10月13日