ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 制度の概要 > 平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

ここから本文です。

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

平成27年5月27日に国民皆保険を将来にわたって守り続けるための『持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律』が成立しました。それに伴い、平成30年4月から国民健康保険制度が変わります。

都道府県が財政運営の責任主体になります

新たに都道府県が国民健康保険制度の財政運営の責任主体になります。安定的な財政運営や効率的な事業の確保などにおいて中心的な役割を担います。

豊島区は引き続き、資格管理、保険給付、保険料率の決定、賦課・徴収、保健事業などの地域におけるきめ細かい事業を運営する役割を担います。

特別な手続きは必要ありません

国民健康保険に加入されているかたが、平成30年4月から制度が変わることにより、特別な手続きをする必要はありません。

お問い合わせ

更新日:2017年7月3日