ホーム > 文化・観光・スポーツ > 文化 > 文化事業 > 東アジア文化都市

ここから本文です。

東アジア文化都市

シンポジウムを開催します。

来年の開幕に向けた機運醸成を目的としたシンポジウムを開催します。

日時

2018年11月6日(火曜日)午後6時から午後8時(予定)

場所

帝京平成大学冲永記念ホール(東池袋2-51-4)

詳細・申し込みはこちらからご確認ください。

東アジア文化都市2019豊島公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

パートナーシップ事業を募集します。

東アジア文化都市2019豊島の目標に合致し、新たに実施する事業または従来の規模を拡充して実施する事業に対して助成を行います。様々な団体の皆さまの企画提案に対して費用の一部を助成することで、事業の作り手として東アジア文化都市事業に参加いただけます。

応募締切は10月31日(水曜日)午後5時です。多くのご応募をお待ちしています。

パートナーシップ事業募集チラシ(PDF:630KB)

パートナーシップ事業募集要項(PDF:985KB)

パートナーシップ事業申請書(ワード:31KB)

パートナーシップ事業申請様式(エクセル:42KB)

説明会

2018年10月6日(土曜日)午前10時から午前11時30分

豊島区役所8階807・808会議室

2018年10月10日(水曜日)午後6時から午後7時30分

豊島区役所8階807・808会議室

フレンドシップ事業を募集します。

東アジア文化都市2019豊島と相互に広報連携を行っていただける事業を募集し、シンボルロゴの提供、のぼり旗の貸出などを行います。お互いの事業を盛り上げ、国家的事業である東アジア文化都市の開催に伴う気運をオールとしまで醸成しましょう。

フレンドシップ事業募集チラシ(PDF:622KB)

フレンドシップ事業募集要項(PDF:123KB)

フレンドシップ事業届出様式(ワード:17KB)

日中韓の代表3都市が決定しました

2018年8月30日に中国・ハルビン市で行われた、日中韓文化大臣会合で2019年東アジア文化都市が正式決定しました。中国・西安市、韓国・仁川広域市とともに、年間を通して様々な文化交流を行います。

日中韓文化大臣会合の様子

日中韓文化大臣会合の様子

基本計画を策定しました

東アジア文化都市2019豊島の基本計画を策定しました。

基本計画・概要版(東アジア文化都市2019豊島公式ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

ロゴが決定しました

アンケートにご協力いただきありがとうございました。

総数23,063中、11,073を獲得したこの案がロゴとして決定しました。

東アジアロゴデザイン 

コンセプト

TOSHIMAの「T」をモチーフに3つの国の結束と躍動を表現しました。色とりどりの線の色は、多彩な文化、芸術、国籍などを表し、日本伝統の工芸品でもある組紐のような結び目は、絆や結束を表しています。同時に、結び目を中心にして伸びていく三本線は、エネルギー溢れる活き活きとした生命力を表現しています。

ロゴアンケートへのご協力をありがとうございました

平成30年7月10日をもちまして、ロゴアンケートは終了しました。

ご協力いただきありがとうございました。

結果の公表

アンケートを参考に東アジア文化都市2019準備委員会で選定します。結果は区のホームページ、「広報としま」、東アジア文化都市2019豊島公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)で発表します。

2019年「東アジア文化都市」の国内都市に決定

横浜市(2014年)、新潟市(2015年)、奈良市(2016年)、京都市(2017年)、金沢市(2018年)に続き、豊島区が6番目の国内都市に決定しました。

2018年に開催される日中韓文化大臣会合において、中国及び韓国から提案される都市とともに、正式に決定される予定です。

 

東アジア文化都市事業とは

「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。また、東アジア文化都市に選定された都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。

東アジア文化都市開催都市

開催年

日本

中国

韓国

平成26年(2014)

横浜市

泉州市

光州広域市

平成27年(2015)

新潟市

青島市

清州市

平成28年(2016)

奈良市

寧波市

済州特別自治道

平成29年(2017)

京都市

長沙市

大邱広域市

平成30年(2018)

金沢市

ハルビン市

釜山広域市

 

東アジア文化都市開催候補都市

開催年

日本

中国

韓国

平成31年(2019)

豊島区

未定

未定

 

豊島区長コメント

東アジア文化都市を開催することは、『国際アート・カルチャー都市』を掲げる豊島区にとって、まさに悲願でありました。それゆえに、豊島区の文化政策の集大成及び、さらなる国際都市推進の起爆剤に位置付け、2019年の開催都市に立候補しました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを目前に控えた2019年、世界の耳目が東京に集中し、もっとも機運が高まっているこのタイミングに豊島区で開催することで、豊島区のまちの魅力を世界に向けて発信する絶好の機会と捉えております。

この事業は、これまで、日本を代表する錚々たる文化都市が担ってきました。この事業を豊島区が引き継ぎ、成功に導くために、東京都のお力添えをいただきながら、区民の皆さんと一体となって、今後準備を進めてまいります。

平成29年8月8日 豊島区長 高野之夫

 

简体中文、한국、English

简体中文(PDF:404KB)

한국(PDF:319KB)

English(PDF:62KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2018年10月2日