ホーム > 手続き・届出 > > トピックス・税 > 納付が確認できない方へ催告書を発送しました

ここから本文です。

納付が確認できない方へ催告書を発送しました

催告書について

平成26年度第1期分(平成26年6月30日納期限)から平成29年度第4期分(平成30年1月31日納期限)において納付が確認できない方に対し、7月4日に催告書を発送しました。
区では納付がない方に対し、預貯金や給与などの財産を調査し、差押などの滞納処分を行なっています。平成29年度は約2,700件の差押を執行しました。

住民税は、区民の皆さんの生活を支える貴重な財源です。ご納付いただきますよう、よろしくお願いします。

納付期限

7月4日水曜日から7月18日水曜日までに納付してください。

納付方法

納付書は区役所、東西区民事務所、銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行などでご利用いただけます。なお、記載金額30万円以下の納付書であれば、納付書裏面記載のコンビニエンスストアで納付することができます。そのほか、Yahoo!公金支払サービスを利用し、クレジットカードで納付することもできます。

夜間窓口を開設します

開設日

  • 7月11日水曜日午後5時から午後9時まで

このようなときにはご注意ください

豊島区外に転出した場合

豊島区で住民税が課税される方は、その年の1月1日現在、豊島区に居住されていた方です。課税された年の中途で豊島区外に転出した場合、または日本国外に出国した場合でも1年度分の住民税を納付する必要があります。出国などで区内に住所がなくなった方は、納税管理人の届出をする義務があります。

住民税を給与から引かれていたが、その会社を退職した場合

毎月の給与から住民税を引かれていた(特別徴収)方が退職により給与の支払いを受けなくなった場合、特別徴収をすることができなくなった残りの住民税は普通徴収に切り替わり、ご自身で納付していただくことになります。

納付が困難な場合は納付相談を行っています

病気や退職等によってやむをえず納期限までに納付することができない場合、生活が困窮している場合には、分割納付等の納税相談を行っています。お早めに税務課整理第一・第二グループまでご相談ください。

お問い合わせ

更新日:2018年7月4日