ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護予防・日常生活支援総合事業 > 介護予防・生活支援サービス事業の内容と費用のめやす

ここから本文です。

介護予防・生活支援サービス事業の内容と費用のめやす

訪問型サービス

介護予防訪問事業

ホームヘルパーがご自宅に訪問して、利用者と一緒に調理や掃除等を行いながら日常生活上の支援を行うことで、利用者が要介護状態にならずに自立した生活を営めるようにします。

≪費用のめやす≫

内容 費用の計算方法 1回あたりの自己負担額
(1割)
1回あたりの自己負担額
(2割)

月4回まで利用の場合

266単位×11.40=3,032円

304円

607円

(注釈)単位数は(注釈)単位数は回数等により異なります。また、サービス内容等によりその他の費用が加算される場合があります。

短期集中訪問型サービス事業

3か月から6か月の期間でリハビリテーション、口腔ケア、低栄養改善などのアドバイスを受けて、日常生活機能の向上に取り組みます。ケアマネジメントを経た上で、無料でご利用いただけます。

生活支援お助け隊

区で実施する研修修了者がご自宅に訪問して、掃除等の家事援助をすることで、利用者の自立した生活を支援します。

≪費用のめやす≫

30分のサービス1回あたり300円

60分のサービス1回あたり600円

(注釈)利用者の状況により週1回または2回利用できます。

通所型サービス

介護予防通所事業

デイサービスなどで、介護予防を目的とした運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上など選択的なサービスを日帰りで受けられます。

≪費用のめやす≫

内容 費用の計算方法 1回あたりの自己負担額
(1割)
1回あたりの自己負担額
(2割)

月4回まで利用の場合

378単位×10.90=4,120円

412円

824円

(注釈)単位数は回数等により異なります。また、サービス内容等によりその他の費用が加算される場合があります。

更新日:2017年4月1日