ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 選択的介護モデル事業について

ここから本文です。

選択的介護モデル事業について

検討の経緯

  2025年にはいわゆる団塊の世代の方々が75歳以上となり、高齢化は更に進んでいきます。介護需要が増加していくと想定される一方、介護人材不足は深刻な状況にあり、持続可能な介護サービスのあり方が問われています。

「人生100年時代」を迎えようとする中、介護が必要になっても、高齢者やそのご家族が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる社会を実現するため、平成29年2月、豊島区は東京都とともに国家戦略特別区域会議で、選択的介護モデル事業の実施を提案いたしました。

選択的介護モデル事業とは

 介護保険サービスと保険外サービスを明確に区分し、柔軟に組み合わせて提供することで、利用者の利便性やサービスの質の向上、さらには介護事業者のサービス提供効率の向上や介護職員の処遇改善等の効果をめざすものです。

検討の経過

 選択的介護モデル事業について、公平公正かつ客観的な立場からご意見を頂くため、平成29年6月より「選択的介護モデル事業に関する有識者会議」を開催しています。

平成30年度から開始する選択的介護モデル事業

 平成30年8月1日より、指定訪問介護と保険外サービスの組み合わせによる選択的介護を実施しています。

モデル期間

 2018年8月1日~2021年3月31日まで

サービス対象者

 区内在住の要介護1~5の方

 ※条件によりご利用いただけない場合がございます。

サービス提供地域

 豊島区全域

サービス提供事業者

 豊島区と選択的介護モデル事業実施協定を締結した、区内9つの指定訪問介護事業者がサービスを提供します。

選択的介護モデル事業実施協定締結式

 協定締結式の様子

選択的介護モデル事業実施協定締結式の写真

 

事業者名(実施事業所名)

           ※共同参加事業者 エイジライフ株式会社

           ※共同参加事業者 株式会社ハローシステム

  • 特定非営利活動法人やすらぎ(やすら木)

サービスの利用方法

 選択的介護のご利用については、介護保険サービスの担当ケアマネジャーにご相談ください。

選択的介護サービスに関するご相談・苦情

 各サービス事業者の相談窓口のほか、下記の窓口にてお受けいたします。

 介護保険課 相談グループ
 171-8422 豊島区南池袋2-45-1 豊島区役所4階
 電話番号:03-3981-1318 

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2018年10月15日