マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 子育て・教育 > 保育 > 新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園等への対応に係るベビーシッター利用支援事業について(6月5日更新)

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園等への対応に係るベビーシッター利用支援事業について(6月5日更新)

事業の概要(6月5日更新)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、保育所等が登園自粛や臨時休園等を行ったことにより、医療従事者、警察、消防その他社会の機能維持に必要な職種等で、仕事を休むことが困難な方が、認可外の居宅訪問型サービス(以下「ベビーシッター」という。)の利用を行った場合に、利用料の助成を行います。

対象者(5月25日更新)

新型コロナウイルスの影響により臨時休園等(注1)した保育所等(注2)に通う児童の保護者のうち、以下のいずれにも該当する方

  • 利用日時点で豊島区に住民登録があり、実際に居住していること。
  • 医療従事者、警察、消防その他社会の機能維持に必要な職種等(電力・ガス等のインフラ運営関係、レストランやスーパー等の飲食料や生活必需物資供給・小売り関係、銀行等の金融サービス、鉄道等の物流・運送サービス等)で、仕事を休むことが困難な方(注3)
  • 「子どものための教育・保育給付認定(保育の必要性の認定)2号もしくは3号」を受けている方及び「施設等利用給付認定新2号もしくは新3号」を受けている方。または、両認定相当の要件を満たす方(注4)

   ご自身が利用対象となるか不明な場合は、お電話でお問合せください。

(注1)臨時休園等とは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、登園自粛等保育の実施を縮小したり、臨時休園した場合を指します。

(注2)保育所等とは、認可保育所、認定こども園、私立・国立幼稚園、認証保育所、地域型保育事業及び認可外保育施設を指します。

(注3)ベビーシッター利用支援事業利用に係る証明書の提出が必要となりますが、既に区内保育園にて応急保育の利用証明を提出していただいている方は不要です。

(注4)認定相当の要件を満たすことについては、以下に記載の利用の流れをご確認ください。

利用時間等

利用時間

  1. 保育短時間認定(相当)の方
    7時から22時まで(1日8時間かつ月160時間が上限)
  2. 保育標準時間認定(相当)の方
    7時から22時まで(1日11時間かつ月220時間が上限)

※具体的な利用時間、保護者と事業者との契約によるものとします。

助成期間

豊島区の登園自粛及び臨時休園期要請期間(祝日及び日曜日を除きます。)
※5月12日付で本事業を公表しておりますが、要件を満たしていれば、4月7日の登園自粛要請開始日まで遡って申請が可能です。

利用料金(助成金額)

利用料金

「保育利用料」「交通費」等の費用について、一旦全額立替払いしていただきます。

助成対象金額(5月18日更新)

  1. 保育利用料
    1時間当たり2,400円(1日11時間まで)
    ただし、自己負担額 1時間当たり150円
    保育料が2,400円を超える場合は、さらにその差額分も自己負担となります。
  • 例1 1時間当たり1,600円の場合、助成額の範囲内のため、150円の自己負担で利用可能。
  • 例2 1時間当たり3,000円の場合、助成額の上限を超えているため、差額分も含め、750円の自己負担((3,000-2,400円)+150円)の上、利用可能。

  2. 交通費(ベビーシッターが家庭を訪問した際に要した交通費)
    児童1人当たり月20,000円を上限として助成。

※具体的な利用金額は、保護者と事業者との契約によるものとします。

※利用料以外の料金(入会金、会費、キャンセル料、各種クーポン利用で支払った料金等)は、保護者と事業者との契約によるものとし、助成の対象外となります。

※保育所等とのお子様の送迎につきましては、本事業の助成の対象外となります。

※本事業の対象外である、家事サービス等の利用に伴って生じた交通費については、補助対象とはなりません。

利用の流れ

1.ご自身が対象者であるかの確認

令和2年5月18日(月曜日)よりお問合せを受け付けます。

教育・保育給付認定をお持ちの方

 2号・3号の方は対象となります。
 短時間認定か標準時間認定かによって、利用上限額が異なりますので、ご注意ください。

施設等利用給付認定をお持ちの方

 新2号・新3号の方は対象となります。
 短時間認定相当か標準時間認定相当かによって、利用上限額が異なりますので、ご注意ください。

 短時間認定相当か標準時間認定相当かは、教育・保育給付認定に準じて判断いたしますので、認定取得した際の事由等で異なります。
ご自分が認定取得を行った際の事由等については、入園のしおり8ページを参照してください。

どちらもお持ちでない方

 保育を必要とする事由があるかどうかの判定が必要となります。

 保育を必要とする事由は入園のしおり8ページを参照してください。

 ベビーシッター利用支援事業に係る確認申請書に必要書類を添付の上、提出してください。確認が行えない場合、本事業の補助対象とならない可能性がありますので、早めにご提出ください。

(送付先)

  • お子様が私立・国立幼稚園に通われている方
    〒171-8422 豊島区南池袋2-45-1
    豊島区保育課幼稚園グループ
  • それ以外の方
    〒171-8422 豊島区南池袋2-45-1
    豊島区保育課入園グループ

2.事業者との契約

ご自身が対象であると確認できましたら、保護者と事業者との間で利用契約を行います。
対象事業者は、東京都へ認可外保育事業として届出を行っている事業者(東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。)となります。

(東京都福祉保健局)居宅訪問型保育事業者一覧(いわゆるベビーシッター業)(新しいウィンドウで開きます)

また、利用契約にあたっては、厚生労働省などが定める「ベビーシッターなどを利用するときの留意点」等を踏まえ、事業者を選定してください。
中でも、以下のような点にご留意の上、ベビーシッターを選定してください。

  • ベビーシッターと面会を経ること。
  • ベビーシッターが保育士や認定ベビーシッターの資格を持っていることを確認(保育士登録証や認定ベビーシッター資格登録証で確認できます)すること。
  • 東京都や全国保育サービス協会の研修や子育て支援員専門研修等の各種研修の受講を確認すること。

(厚生労働省)ベビーシッター利用に当たっての留意点(新しいウィンドウで開きます)

3.ベビーシッターの利用

ベビーシッターを利用し、保護者は利用時間分に応じた利用料を支払います。
利用した際は、事業者より保育料(純然たる預かりサービス提供対価)及びベビーシッター利用に伴い生じた交通費が示された領収書をもらってください。

4.豊島区への補助申請

必要書類を豊島区に提出します。
豊島区での書類審査を経て、利用上限の範囲内で全額を補助します。

請求時期(予定)
  • 7月1日(水曜日)から7月27日(月曜日)
  • 振込予定時期 8月末日


コロナウイルス感染症対策のため、提出は原則郵送にてお願いいたします。
安全のため、追跡可能な書留郵便等をご利用ください。追跡可能郵便を利用されなかった場合の未着や、到着確認のお問合せ対応はいたしかねます。
(送付先)
 〒171-8422 豊島区南池袋2-45-1
 豊島区保育課私立保育所グループ

申請にあたり必要な書類一覧(所定様式につきましては、様式ダウンロードに様式を掲載しております。)
  • 申請書(所定様式)
  • 事業所発行の領収書及び利用明細書(利用日、利用時間及び利用料金がわかるもの)
    領収書については、利用料以外の料金(入会金、会費、キャンセル料、各種クーポン利用で支払った料金等)を除いた保育料、また交通費がかかった場合は交通費が分かるよう記載されたもの
  • ベビーシッター利用支援事業利用に係る証明書(所定様式)
  • 請求書兼口座振替依頼書(所定様式)

利用上の注意

施設型利用給付との関係

本助成によりベビーシッターを利用した場合、その月のベビーシッターの利用料は無償化の対象となりません。

 契約における留意点

本事業はベビーシッターを直接あっせんする事業ではないため、利用希望者のベビーシッター利用を保証するものではありません。また、ベビーシッターとの契約に関するトラブルについては豊島区は関与できません。契約の際には内容を十分確認してください。

本補助金の所得税法上の扱い

本事業に係る補助金は、所得税法上の非課税所得に該当します。

ベビーシッター利用支援事業に関するFAQ(随時更新)

本事業に関して、多くのご質問、ご相談をお受けしております。その中でも、特に多く寄せられているご質問について、FAQ形式でまとめましたので、ご確認ください。
今後、国や都の動向により内容が追加・変更される場合もございますが、その場合は、以下のFAQを随時更新していきます。
【令和2年5月26日更新版】ベビーシッター利用支援事業に関するFAQ(PDF:57KB)

様式ダウンロード

準備中の書類については、後日アップロードいたします。

問合せ先

(制度に関すること)保育課私立保育所グループ
電話 03-3981-1823

(認定(相当)に関すること)

  • お子様が私立・国立幼稚園に通われている方
    豊島区保育課幼稚園グループ
    電話 03-4566-2481
  • それ以外の方
    豊島区保育課入園グループ
    電話 03-3981-2140

(請求に関すること)

  • お子様が認可保育所、認証保育所、認可外保育施設に在籍している方
    保育課私立保育所グループ
    電話 03-3981-1823
  • お子様が地域型保育事業を利用されている方
    保育課地域型保育事業グループ
    電話 03-3981-1961
  • お子様が認定こども園、私立・国立幼稚園に在籍している方
    保育課幼稚園グループ
    電話 03-4566-2481

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部保育政策担当課長

更新日:2020年6月5日