ホーム > 文化・観光・スポーツ > 文化 > 文化事業 > 東アジア文化都市

ここから本文です。

東アジア文化都市

「東アジア文化都市」とは日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を毎年1都市選定し、文化交流、文化芸術イベント等を実施する国家的プロジェクトです。これにより、アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。また、東アジア文化都市に選定された都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。2014から始まり、豊島区は2019年日本代表都市として、中国西安市、韓国仁川広域市とともに東アジア文化都市を開催しました。

東アジア文化都市2019豊島公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

東アジアロゴデザイン

東アジア文化都市2019豊島ロゴマーク

PV1PV3PV2

ILLUSTRATION:久野遥子
東アジア文化都市2019豊島プロモーション映像より

 

東アジア文化都市開催都市一覧

開催年

日本

中国

韓国

平成26年(2014)

横浜市

泉州市

光州広域市

平成27年(2015)

新潟市

青島市

清州市

平成28年(2016)

奈良市

寧波市

済州特別自治道

平成29年(2017)

京都市

長沙市

大邱広域市

平成30年(2018)

金沢市

ハルビン市

釜山広域市

平成31年・令和元年(2019)

豊島区

西安市

仁川広域市

令和2年(2020)

北九州市

揚州市

順天市

日中韓文化大臣会合の様子

日中韓文化大臣会合の様子

お問い合わせ

更新日:2020年1月23日