ホーム > 区政情報 > 公民連携・重点プロジェクト > 「SDGs未来都市」豊島区

ここから本文です。

「SDGs未来都市」豊島区

豊島区が「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定されました!(令和2年7月17日)

令和2年7月17日、内閣府より、SDGsへの優れた取組を行う自治体として「SDGs未来都市」に選定されました。
その中で、特に先導的な取組として「自治体SDGsモデル事業」にも選定されました。ダブル選定は東京都初となります。

区長コメント

「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定されたことに感謝するとともに、国内の代表都市として、SDGsの新しいモデルとなる持続可能なまちづくりを進めていく決意です。
消滅可能性都市を脱却し、持続発展する都市として「誰もが主役になれる」まちを目指す「国際アート・カルチャー都市」への歩みは、SDGsの理念や将来像と、まさに考えを一つにするものです。
今後も、SDGsを通じて区の向かうべき方向性を鮮明にし、「誰をも受け入れ、誰からも受け入れられ、持続して発展する豊島区」を、区民の皆さんと一緒につくりあげてまいります。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された2030年を年限とする17の国際目標。
地球上の誰一人取り残さない社会の実現を目指し、経済・社会・環境の諸課題を統合的に解決しようとするもの。

SDGs未来都市とは

SDGsの理念に沿った取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域を選定するもの。

区長記者会見を実施しました(令和2年7月20日)

SDGs未来都市および自治体SDGsモデル事業に選定いただいた経緯、本区SDGs推進の概要、モデル事業の概要について発表いたしました。

記者会見資料 「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」への選定について

SDGs未来都市の選定について『広報としま』に掲載しました(令和2年8月1日)

令和2年8月1日号の『広報としま』(特集版)にて、区民の皆さまへ、選定結果をお知らせいたしました。

『広報としま』令和2年8月1日号

自治体SDGsモデル事業の舞台「としまみどりの防災公園」について『広報としま』に掲載しました(令和2年9月1日)

7月にオープンした「としまみどりの防災公園」(愛称IKE・SUNPARK)について、令和2年9月1日号の『広報としま』(特集版)にて、区民の皆さまへお知らせいたしました。
本公園は自治体SDGsモデル事業のうち、「池袋駅周辺4公園を核にしたまちづくり」の舞台です!
南池袋公園、中池袋公園、池袋西口公園に続き、集大成となる本公園の開園によって、池袋駅周辺の4つの公園構想が完成しました。

『広報としま』令和2年9月1日号

『SDGs未来都市計画』を策定しました(令和2年9月2日)

本区の『SDGs未来都市計画』を策定しました。

『東京都豊島区SDGs未来都市計画』(PDF:1,867KB)

区民の皆さまと共に「オールとしま」でSDGsに取り組むために、今後、SDGsに関する普及啓発や様々な事業を展開していきます。


 

お問い合わせ

政策経営部SDGs未来都市調整担当課長

更新日:2020年9月2日