このページのトップ
  • トップページへ
  • 生活ガイドへ
  • 文化・観光へ
  • 公共施設案内へ
  • 区政情報へ


ここから本文です

区役所の取組み

更新日 平成21年3月26日

 毎日のように凶悪な犯罪に関する報道がされています。区では、治安回復を図り、地域が安全で安心感のあるものとなるように次の施策を進めます。

  1. 自動体外式除細動器(AED)の設置
  2. 小学生下校時における防犯広報
  3. 区立小中学校に防犯カメラ設置
  4. 巡回パトロールの実施
  5. 区民パトロールの支援
  6. メールによる安心情報配信
  7. その他(落書き消去事業や消費生活等各種の相談事業など)

自動体外式除細動器(AED)の設置

AED設置施設 表示ステッカー

 自動体外式除細動器(Automated External Defibrillators、以下「AED」という)とは、突然の心停止に対する救命処置である電気的除細動(心臓に電気を流して、心臓が本来もっているリズムに回復させる、いわゆる電気ショック)が必要か否かを自動で判断し、必要があれば除細動を行える装置。平成16年7月から、一般市民であってもAEDを使用できることとなりました。
 区では、区立の小中学校・図書館・公共施設など84箇所にAEDを設置しています。

 なお、AEDの取扱いを含む応急手当の方法について、下記の東京消防庁ホームページでご覧になることができます。

小学生下校時における防犯広報

げこーるの表彰風景

防犯見守り放送の愛称は、「げこーる」に決定! 
  昨年からはじめた、小学生の帰宅を知らせる防犯見守り放送の1周年を記念して、愛称を募集したところ、32点の応募から区長賞に「げこーる」という可愛い呼び名が決まった。 

区長賞の池袋第一小学校 6年1組 羽二生 大和(ハニウ ヤマト)さんと、見守り放送を収録した当時の小学6年生、現在の西巣鴨中学校 1年2組 早渕 裕麿(ハヤブチ ユウマ)さんへのグッドパフォーマンス賞の贈呈を行なった。

  本区は、子どもたちの安全・安心を確保するため、小学生下校時に防犯広報を行っている。これは、児童の声で「まもなく私たち小学生が下校します。地域の皆さん、今日も通学路の見守りをよろしくお願いします」と、防犯見守りを呼びかけるもので、平成19年10月から、区内全域で放送を開始している。
  この見守り放送は、児童の声で呼びかけていることが地域住民や警察でも好評。放送が聞こえたら毎日自宅前に出て見守りをするという人も増え、巣鴨地域ではこの放送をきっかけに「すがもっ子安全安心パトロール隊」が発足している。

区立小中学校に防犯カメラ設置

 子どもを狙う犯罪を防止するためには、地域の皆さんによる見守りが必要です。それを一層充実するため、全ての区立小・中学校に防犯カメラを設置します。子どもたちが学ぶ環境をより安心なものとするため、既に取り組んでいる児童・生徒や教職員への防犯ブザーと併用することで、不審者が侵入した場合に早期発見と迅速な対処を行います。

巡回パトロールの実施

 犯罪に関する不安を少しでも早く解消することも必要です。区では職員や委託警備員による巡回を行い、学校や保育園など子ども関係の施設の安全対策を確認するほか、警察に通報するか判断に迷うような犯罪についても相談に応じ、調査の上、警察などの関係機関と連携し、不安を解消していきます。

区民パトロールの支援

 安全・安心なまちづくりは、警察や行政だけで実現できるものではありません。地域の皆さんと警察・行政が連携することが不可欠です。そのため、地域の皆さんによる防犯パトロールなどでお互いに防犯に気を付ける意味も含めて、あいさつの交わされる明るいまちづくりが大切です。このきっかけとなる防犯パトロールを少しでも行いやすくするため、腕章などの資材を貸し出します。

メールによる安心情報配信

 子どもたちをはじめ、地域の皆さんの不安を少しでも解消するためには、情報の共有化が必要です。区内で発生した不審者による事件・犯罪、注意点などの情報を携帯電話メールへ配信します。登録したかたには、区から情報を配信するほか、登録されていない方も携帯サイトにアクセスすると、情報を閲覧できます。なお、登録は無料ですが、通信料(1メールあたり2円程度)はかかります。

その他(落書き消去事業や消費生活等各種の相談事業など)

 安全・安心なまちづくりのため、犯罪に無関心な地域というサインとなる落書きへの対策や、ヤミ金・サラ金などに関する相談事業など様々な観点から対策を講じていきます。

安全・安心は生活すべての基礎です

 私たちの暮らしは、家族の団らんや仲間との交流などにより、一層豊かなものとなりますが、様々な事件や事故はそれを一瞬にして奪ってしまう危険があります。そうした事件や事故に遭遇しないためには、日ごろから、いろいろなことに用心することが大切です。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理担当課
電話:03-3981-1467 
Eメールでの問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページのトップへ戻る