ホーム > 国際アート・カルチャー都市としま > アト・カルを楽しむ > 国指定重要文化財 未来に引き継ぐ文化財 > 世界的建築家フランク・ロイド・ライトの建築 自由学園明日館

ここから本文です。

世界的建築家フランク・ロイド・ライトの建築 自由学園明日館

自由学園明日館は、羽仁吉一・もと子が女学校として創立した自由学園の最初の校舎です。設計は、世界的建築家フランク・ロイド・ライト。羽仁夫妻の教育思想に共鳴したライトは、「簡素な外形のなかにすぐれた思いを充たしめたい」という夫妻の希いを基調とし、自由学園を設計しました。
現在は、「使いながら保存する文化財」として見学の他、結婚式やコンサート会場として人気を集めています。

開放的なプレイリースタイル(草原様式)を用いたライト作風の建築

建築の特徴は、高さを抑えて水平線を強調した屋根、窓やドアなどをはじめ多用されている幾何学的デザイン、建物の中に入ると床の高さを少しずつ変えた部屋を連続させた空間構成など、「プレイリースタイル(草原様式)」というライトの第一期黄金期の作風をよく表しています。
ライトの弟子、遠藤新設計の講堂とともに、ライトの作風を示す典型的建築として歴史的・芸術的に重要であると評価されました。

1921年(大正10年)の建設以来、太平洋戦争末期の空襲での被災を免れた明日館でしたが、その後老朽化が進み、昭和40年代になると取り壊しの可能性もありました。しかし、卒業生や建築家など多くの関係者の保存への思いが実り、保存修繕工事の末、現在の形で保存されることになりました。

自由学園明日館説明板解説文

自由学園は、羽仁吉一・もと子により大正10年(1921)に女学校として創立された。明日館はその自由学園誕生の校舎で、その設計は羽仁夫妻の教育思想に共鳴した世界的建築家フランク・ロイド・ライトで、彼は自らの建築思想を融合させて校舎を建築した。

自由学園は生徒の増加に伴い、昭和9年(1934)に東京都東久留米市に移転し、この建物は卒業生の活動の場として使われ、羽仁夫妻が自由学園と日本の教育の明日を託して「明日館」と命名した。太平洋戦争末期の空襲で池袋周辺は壊滅的被害を受けるが、幸い明日館は被災を免れた。

その後老朽化が進み、昭和40年代になると取り壊しの可能性もあったが、卒業生、建築家をはじめ多くの関係者の保存への思いが実り、この地における保存が決定した。

建築の特徴は高さを抑えて水平線を強調した屋根、窓やドアなどをはじめ多用されている幾何学的デザイン、建物の中に入ると床の高さを少しずつ変えた部屋を連続させた空間構成など、「プレイリースタイル(草原様式)」というライトの第一期黄金期の作風をよく表している。昭和2年(1927)に道路を隔てて竣工したライトの弟子、遠藤新設計の講堂とともに、これら一連の建物がライトの作風を示す典型的な建築として重要であると評価され、平成9年5月29日に重要文化財に指定された。

その後、約3年間の保存修理工事が実施され、現在は「使いながら保存する文化財」として、見学はもちろん結婚式、コンサート、展示会、公開講座など多くの人が利用し、文化財建造物として保存されている。