ここから本文です。

マンガの聖地としま!モニュメント

~豊島区ゆかりのマンガキャラクター~

マンガの聖地、トキワ荘のあったまち南長崎地域全体のマンガによるまちづくりとして、豊島区ゆかりのマンガ家作品のキャラクターモニュメントの設置を進めています。

レオ&ライヤ

(ジャングル大帝・手塚治虫)

レオは、マンガ「」(1950-1954)の主人公。
人間に育てられ、のちにジャングルの王になる白いライオンの子。
ライヤはレオのガールフレンド。

©手塚プロダクション

ゼロくん

(背番号0・寺田ヒロオ)

マンガ「背番号0」(1956-1960「野球少年」連載)の主人公。椎ノ木町の少年野球チーム「Zチーム」に所属し、努力でレギュラーを勝ち取り一躍人気選手となっていく。

©寺田ヒロオ

 

ラーメン屋台モニュメント

(鈴木伸一)

トキワ荘でマンガを描いていた鈴木伸一は、藤子・F・不二雄、藤子不二雄Ⓐ共著のマンガ『オバケのQ太郎』(1964)に登場するいつもラーメンを食べている「小池さん」というキャラクターのモデルといわれている。この絵は、「マンガの聖地としまモニュメント」のために鈴木が描き下ろしたものである。

©鈴木伸一

マコちゃん

(いねっ子わらっ子・森安なおや)

マンガ「いねっ子わらっ子」(1957)の主人公。故郷の青森を離れ東京で住み込みの家政婦として働き、勤め先の家族と交流を深めながら成長していく。

©森安なおや