ここから本文です。

マンガとアニメの聖地

1950年代から60年代初めにかけて、椎名町(現豊島区南長崎)に、手塚治虫をはじめ、マンガの新たな時代を切り拓いた巨匠たちが青春時代を過ごした木造2階建てアパート「トキワ荘」がありました。
そして、トキワ荘から始まったマンガ文化の源流は、現在のアニメ文化につながっています。近年、乙女ロードなど、アニメ関連コンテンツが池袋を中心に集積してきており、「乙女の聖地」として、若い女性たちの人気を集めています