ホーム > 健康・福祉 > 総合高齢社会対策

ここから本文です。

総合高齢社会対策

日本一の“高齢者にやさしいまち”へ

人口密度日本一の豊島区は、一人暮らし高齢者の割合も日本一です。一人暮らしは「社会的孤立」を生みやすく、社会的孤立は不健康や消費者被害、生活の質の低下などにつながります。

一人暮らし高齢者が多い豊島区は、その特徴に合わせた一歩踏み込んだ対策が必要となります。そこで、これまで“文化”や“セーフコミュニティ”で培った「オールとしま」の力を最大限に活かし、全区を挙げて日本一の“高齢者にやさしいまち”を実現していきます。

総合高齢社会対策の取り組み

お問い合わせ

保健福祉部総合高齢社会対策推進室

更新日:2019年8月1日