このページのトップ
  • トップページへ
  • 生活ガイドへ
  • 文化・観光へ
  • 公共施設案内へ
  • 区政情報へ

現在の位置: トップページ区政情報 › 行政評価制度


ここから本文です

行政評価制度

更新日 平成26年9月25日

制度の概要

行政評価とPDCAサイクル解説図

 行政評価制度は、行政サービスの現状を認識し、行政課題を発見するための手法のひとつです。

 行政活動を評価し(Check)、評価の過程で発見された課題を事業の見直し(Action)や計画・予算等に反映させ(Plan)、新たな目標値を定めて事業を実施(Do)していくという一連のサイクル(PDCAサイクル)を通じ、区民サービスの向上を図っていくものです。(右図参照)

 評価にあたっては、区民本位の効率的で成果重視の区政への転換を図るため、「区民に満足されているか」「最も効果的にサービスが提供されているか」などの観点から指標を設定し、区民生活に与えた成果等を検証・評価することを通じて、区民の視点に立った行政運営を実現します。また、評価結果を公表することで、区政の透明性を高め、区民への説明責任を果たします。豊島区自治の推進に関する基本条例第42条において、行政評価の実施とその公表について規定しています。

実施状況

 豊島区の行政評価は、平成12年度に試行事業として始まりました。 また、平成17年度から3年間は外部評価制度を導入し、区民や学識経験者の方の視点から豊島区の事業(活動)を評価しました。
 平成18年度までの行政評価は、予算の単位である「事務事業」とそれを政策体系に基づいてまとめた「施策」を基本に評価を行なってきました。平成20年度は、評価を実施した後のフィードバックや評価結果を予算編成に連動させる仕組みの検討をし、平成21年度以降は新たな仕組みの行政評価制度を実施しました。

行政評価についての用語説明

政策評価 包括的な活動単位である政策を対象とした評価
施策評価 政策体系に基づいてその中核単位となる施策を対象とした評価
事務事業評価 個々の事務事業を対象とした評価
外部評価 外部の学識経験者と区民が客観的な視点や区民の視点から評価

評価結果

総合評価

 それぞれの事業について、拡充・継続(18年度より)縮小等の方向性を評価しました。

(注釈)18年度まで及び22年度から26年度は「事務事業評価」を実施しました。

(注釈)21年度は、他に内部管理事務51事業について評価しました。

平成26年度

拡充 28
現状維持 510
改善・見直しのうえ継続 123
縮小 10
休止・廃止・完了・統廃合 7
合計 678

平成25年度

拡充 22
現状維持 450
改善・見直しのうえ継続 157
縮小 13
休止・廃止・完了・統廃合 4
合計 646

平成24年度

拡充 10
現状維持 402
改善・見直しのうえ継続 226
縮小 18
休止・廃止・完了・統廃合 12
合計 668

平成23年度

拡充 6
現状維持 493
改善・見直しのうえ継続 152
縮小 4
休廃止・統合・完了 7
合計 662

平成22年度

拡充 13
現状維持 390
改善・見直しのうえ継続 318
縮小 23
休廃止・統合・事業終了 16
合計 760

 

平成21年度

拡充 28
継続 112
縮小 2
見直し 2
合計 144

 

平成19年度

拡充 20
継続 34
縮小 0
廃止 1
合計

55

 

平成18年度

拡充 81
継続 388
縮小 13
休廃止 4
合計 486

 

平成17年度

拡充 77
改善余地なし 128
改善・効率化 269
縮小 4
休廃止 5
合計 483

 

平成16年度

拡充 90
改善余地なし 210
改善・効率化 438
縮小 22
休廃止 28
合計 788

 

平成15年度

拡充 106
改善余地なし 315
改善・効率化 340
縮小 12
休廃止 17
合計 790

行政評価表の閲覧について

上記リンクより各年度の評価結果をご覧いただけます。
最新の行政評価の結果は、行政情報コーナー(生活産業プラザ6階)、各区立図書館でも閲覧できます。
評価表等をご覧になり、お問い合わせがございましたら、個々の事業内容については事業担当課へ、評価制度全般については下記までご連絡をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 行政経営課 行政経営グループ
電話:03-3981-1689 ファクス:03-3981-1021
Eメールでの問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページのトップへ戻る